製品ライフサイクル分析と価格戦略

人と同じように、ほとんどの製品は、その寿命の間にいくつかの異なる段階を経ます。製品が導入されると、それらは成長、成熟、そして最終的には衰退の期間を経ます。これは製品ライフサイクルと呼ばれ、それがどのように機能するかを理解することで、製品の価格を設定したり、ビジネス戦略を調整したりすることができます。

ライフサイクルを見る

新製品の妊娠期間は通常、開発段階と呼ばれます。そのとき、元のアイデアがプロトタイプに変換され、テストされ、評価とフィードバックのためにユーザーの小グループに渡されることもあります。その段階ではまだ市場性のある製品がないため、価格戦略に直接影響しません。

ライフサイクルのフェーズ

次のステップは導入フェーズです。このフェーズでは、製品を市場に展開して沈めたり泳いだりします。意欲的なバイヤーが見つかった場合は、製品ライフサイクルの次のフェーズである成長に進みます。それはあなたの製品が勢いを増し、新しい市場や人口統計に侵入しているエキサイティングな時期です。

最終的には、製品の市場が飽和状態になり、売り上げが新規購入よりも交換購入から得られるため、成長は頭打ちになります。それは成熟段階と呼ばれます。最後に、衰退が起こります。これは、製品がより新しい、またはおそらくより優れた製品によって市場から追い出されている期間です。価格戦略では、製品のライフサイクルにおける位置を認識して活用する必要があります。

初期価格の設定

あなたが最初にあなたの製品を紹介するときあなたが価格設定で行くことができる2つの方法があります。それがあなたのニッチの古い製品よりも大きな進歩である場合、またはそれがまったく新しいことをするか、新しい技術を表す場合、あなたは初期の製品にプレミアム価格を要求することができるかもしれません。これは、研究開発コストを急いで回収するのに役立ちます。製品が実際のニーズを満たしている場合、アーリーアダプターは価格に敏感ではないことがよくあります。

一方、製品が大きく異なり、その可能性を実際に把握するために試してみる必要がある場合は、注目を集めて口コミを生み出すためだけに、低価格で提供する必要があるかもしれません。あなたは無料のサンプルを配る必要があるかもしれません、それはそれがポストイットノートを導入したときに3Mがしなければならなかったことです。

成長段階

成長段階では、生産量を増やすことができます。これにより、ユニットあたりのコストを削減できます。利益率を健全に保ちながら販売価格を下げることができれば、商品の人気から喜んで利益を得ることができます。収益を最大化する1つの方法は、これらの利益の一部を新しい市場や流通チャネルの開拓に注ぎ込むことです。これにより、最もホットな製品を活用できます。この時点で、製品のR&Dコストの多くを支払ったので、次の製品に数ドルを注ぎ込み、現在の製品を改善するときが来ました。

成熟期

最終的には、どの製品も安定点に到達し、市場に完全に浸透し、成長は徐々に鈍化して比較的停止します。あなたの製品が元々画期的な製品であったとしても、おそらく今では同様のものを提供する競合他社がいるでしょう。これはあなたがあなたの製品から最大のお金を稼ぐために立つ段階です。なぜならあなたはすでに市場で十分な認識を持っているでしょう、そしてあなたの研究開発費は長い間支払われてからです。

競合他社との差別化を図る方法を見つけることができる限り、製品は引き続きドル箱商品であり続けることができます。コスト削減のライバルがあなたにあなたの価格を下げることを強いるシナリオでさえ、あなたはお金を稼ぐために十分な余地を持っているべきです。

衰退期

「すべての良いことは終わらせなければならない」というのは単純な民俗の知恵であり、それはほとんどの製品にも当てはまります。時間が経つにつれて、新製品や新技術が登場し、あなたの製品の販売は衰退し始めます。この段階で、おそらく製造プロセスのすべての問題を解決し、コストがこれまでになく低くなっているため、製品をできるだけ魅力的に保つために価格を下げるオプションがあります。理想的には、ライフサイクルのさまざまな段階で新製品を入手することもできます。そのため、製品の需要が落ちても、ビジネスに危機が生じることはありません。

あなたがどこにいるかを知る

製品はまだ比較的新しいため、製品が導入段階と成長段階にあることがわかります。売上高から全体像がわかります。本当の秘訣は、製品が成熟から衰退に転じる時期を知り、それから利益を最大化するための適切な措置を講じることです。

たとえば、景気の大幅な落ち込みの影響を感じている場合は、製品がまだ衰退していない可能性があります。そのビジネスサイクルを待つか、マーケティングに追加のお金を投入して、顧客の目に競合他社を押し込めようとすると、製品の寿命を延ばすのに役立ちます。あまりにも早くそれをあきらめ、製造やマーケティングの努力を減らすことは、自己達成的なサイクルになる可能性があります。

製品の衰退を延期する

ほとんどの製品は上下しますが、市場が成熟しているにもかかわらず、年々堅調な売り手であり続ける製品もあります。コカ・コーラは、1世紀ほどの間、ライフサイクルの成熟段階にあり、市場セグメントをリードし続けています。これは珍しいことであり、ほとんどの企業はゲームにとどまるためだけにもう少し努力する必要があります。

通常の戦略は、新機能や追加機能を通じて、製品を更新する方法を見つけることです。考えてみてください。あなたのお気に入りの洗濯洗剤は、あなたの生涯で何回「新しく改良された」のですか?製品の競合他社との競争力を維持するのに十分な方法を見つけることができれば、時には、その収益性の高い成熟段階を非常に長い間延長することができます。