リースキャップ削減に対する税金

リースキャップの削減により、初期費用を節約できますが、税金の面で追加の費用がかかる可能性があります。「リースキャップ削減」という用語は、主に自動車リースの世界に適用されます。「上限」コストは、リースの総額を決定するために車の価格に追加される金額です。これは、購入した車両のローンの全期間にわたって支払われる利息に似ています。

キャップコスト

キャップコストは、貸手が車両の減価償却を説明するのに役立つ使用料です。これは、本質的に、あなたがそれをリースすることを決定したときにあなたが車両に支払うことに同意するものです。自動車ディーラーは基本的にリース会社に車を販売しており、リース会社は自動車ローン会社や銀行が車を購入する場合と同じように、支払いファシリテーターとして機能します。違いは、リースの終了時に、車はリース会社に属し、あなたには属さないということです。

キャップ削減

上限の削減は、基本的にリースで行われる頭金です。それはあなたが支払う金額だけ車両の総コストを削減します。これは、自動車の購入で頭金が支払われるのと似ています。上限の引き下げは、リース会社がリース期間中にあなたから回収できる利息の額を減らします。これは、事実上、その利息の支払いが決定される元本が減るためです。このため、リース会社は通常、この失われた利息の一部を回収するために上限減税を請求します。

車両を25,000ドルでリースすることに同意し、リースの頭金として2,000ドルの初期上限削減を支払ったとすると、残りの23,000ドルに利息を支払い、2,000ドルに1回限りの税金を支払うことになります。税率が8%の場合、リース期間全体で1%を支払い、さらに上限を減らすために160ドルの税金を支払うことになります。この税金は通常、リース期間中の利息支払いに追加されます。

誤解

キャップ削減額に関する一般的な誤解の1つは、頭金が保証金または車両のリース時に発生する可能性のあるその他の前払い料金を構成するという概念です。実際には、上限削減額は、リース会社に支払う追加の金額であり、その他の必要な料金や料金も含まれます。