オフィスのIPアドレスを設定する方法

動的ホスト構成プロトコル(DHCP)を使用すると、オフィスネットワークのセットアップが簡単になりますが、その単純さにはいくつかの小さな欠点があります。発生する可能性のある一般的な問題の1つは、DHCPネットワークでのリモート管理の難しさです。オフィスネットワークの静的IPアドレスの設定は難しくありません。少し時間がかかります。

1

サーバーとルーターのDHCPサービスをオフにします。これにより、発生する可能性のある多くの潜在的なアドレス指定の問題が排除されます。

2

ネットワークで使用する有効なIPアドレスの範囲を選択してください。Network Information Centerは、プライベートネットワークで使用される3つの範囲のアドレスを確保しました。これらの範囲は、インターネットトラフィックから除外するために、ルーターによって自動的にフィルタリングされます。

10.0.0.0 – 10.255.255.255、サブネットマスク255.0.0.0 172.16.0.0 – 172.16.255.255、サブネットマスク255.255.0.0 192.168.0.0 – 192.168.255.255、サブネットマスク255.255.0.0

3

ローカルエリアネットワーク上の各コンピューターとネットワーク対応デバイスに一意のIPアドレスを割り当てます。LANは、ルーターの「LAN」ポートからローカルオフィスまでのネットワーク上のすべてのもので構成されます。簡単な例として、接続されているデバイスが250未満のネットワークでは、一般的なスキームは、範囲が192.168.1.1〜192.168.1.254でサブネットマスクが255.255.255.0のIPアドレスを割り当てることです。