マーケティングコミュニケーションにおける混乱の形態

マーケティングの乱雑さは、消費者が日常的にさらされる通常過剰な量の広告メッセージを指します。煩雑さを解消するには、ターゲット顧客とつながり、中小企業に影響力のあるクリエイティブなメッセージを配信するための適切な時間と場所を見つけるように努める必要があります。

ブロードキャストクラッター

テレビとラジオは、マーケティングに使用される2つの一般的な放送メディアです。テレビ広告の乱雑さは、特定の番組またはコマーシャルセグメントにおける多数の広告の普及を指します。典型的な30分のテレビ番組では、実際の番組は約22分だけです。残りはコマーシャルです。各コマーシャルの休憩は通常約2分続きます。同様に、ラジオ番組はコマーシャルの休憩で定期的に中断されます。ラジオでさらに難しいのは、視覚的なコンポーネントを利用せずに、雑然としたものを掘り下げなければならないことです。ジングル、スローガン、ギミックスクリプトは、そうしようとする企業が使用する一般的な手法です。

プリントクラッター

雑誌や新聞は一般的な印刷媒体です。典型的な地元の新聞では、100から200の小さな箱の広告と多数の求人広告を見つけるかもしれません。より大きな広告サイズ、フルカラー、インサートは目立つ方法です。雑誌にも多数のフルページ広告があります。適切に配置された雑誌広告の利点の1つは、製品が出版物のテーマとうまく調和する可能性があることです。コンピュータ雑誌に広告を掲載しているハイテク企業は、視聴者の興味を引く広告を表示できます。

オンライン

インターネットは21世紀の著名な広告フォーラムとして急速に進化しました。ボックス広告、ウィジェット、テキストリンク広告、ポップアップ広告はWeb全体にあります。雑然とした環境のために、インターネットユーザーは広告メッセージに対してほとんど鈍感です。一般的なオンライン広告のクリック率は5%をはるかに下回っています。手ごろな価格の広告料金と繰り返しの露出は、各広告インプレッションの限られた影響を相殺することができます。

メーラーと配布資料

企業はまた、ダイレクトメールのはがき、手紙、パンフレット、パンフレット、リーフレット、チラシを使用しています。一般的な住宅所有者は、毎日複数のダイレクトメールをメールボックスに入れます。多くの場合、メールの乱雑さを打破するユニークな作品を提供するために余分なお金を費やす必要があります。それ以外の場合、あなたの作品はゴミ箱に入れられる他の多くのダイレクトメーラーに加わります。カラフルで有益で役立つメーラーと印刷物が役立ちます。