製造会社におけるタスクの相互依存の例

製造分野では、「タスクの相互依存」という用語は、生産段階でさまざまなビジネスユニットが相互に依存する方法を表します。プールされた相互依存関係は、相互依存関係の3つのタイプです。相互依存関係は、アメリカの学者ジェームズ・トンプソンによって最初に特定されましたが、その概念は学界を超えて主流の製造言語に移行しました。

プールされたタスクの相互依存

相互依存性は、共通のタスクを実行するために人またはシステムが相互に依存する必要性を説明している、とハーバードビジネスレビューは報告しています。これはさまざまな方法で実現できます。製造部門内のプールされた相互依存には、特定の製品を生産するために独立して働く従業員のグループが含まれます。たとえば、衣料品会社の従業員は、同じ機械を使用して生地をカット、染色、縫製することができます。各シフトの終わりに、会社は多くの従業員によって生産されたアイテムを1つのボックスにパッケージ化し、それらの完成品を同じ店舗に出荷する場合があります。

労働者は会社の日々の生産目標を達成するのに十分な商品を生産するためにお互いに依存していますが、各労働者は同僚の助けなしに衣料品を生産することができます。したがって、さまざまな人やビジネスユニットが生産段階で接触することは最小限です。

相互依存

相互関係では、他の人やユニットの関与なしに、ある人やビジネスユニットがアイテムを製造することはできません。さらに、このタイプのセットアップでは、アイテムは通常、生産段階で同じユニット間を複数回行き来します。自動車製造工場を例にとってみましょう。両エリアの作業員が各車両に徐々にコンポーネントを追加するため、車両は電子部門と鉄鋼作業員の間を数回通過する可能性があります。これは相互依存の例です。

順次相互依存

組立ラインは、製造会社での順次タスクの相互依存の典型的な例です。家具製造工場では、1人の従業員が木製のフレームを組み立ててから、2人目の作業員にソファを渡してスプリングを追加します。3人目の作業員は、4人目の作業員がソファカバーを追加する前に、クッションと詰め物を追加できます。

ここでは、フレームを作成してスプリングを取り付けるまでカバーや詰め物を追加できないため、プロセスは論理的な順序に従う必要があります。現代の例は、販売およびマーケティングチームであり、レポートチームのソフトウェアプロバイダーであるSamewaveです。マーケティングチームは、セールスチームが仕事を行えるように、適格なリードをセールスファネルに持ち込む必要があります。

考慮事項

多くの人が単一の製造工場の範囲内でのタスクの相互依存性について考えていますが、現代では、相互依存関係には複数の製造工場が関係していることがよくあります。コンピュータ製造会社は、特定のコンピュータコンポーネントを製造するためにさまざまな場所で労働者を雇用する場合があり、この製造プロセスに関与する人々は、プールされた関係に関与しています。

ただし、各工場内では、さまざまな労働者が、生産プロセス全体の単一のセグメントに含まれる順次または相互の関係に関与している可能性があります。さらに、新しいテクノロジーの開発は、企業がプロセスを合理化し、より少ない個人により多くの責任を割り当てることができることを意味します。したがって、製造業内の相互依存関係は時間とともに進化する傾向があります。