人材派遣会社の長所と短所

人材派遣会社は、求人の求職者を探します。多くの機関は特定の産業や分野を専門としています。彼らは、候補者のスキルセットを決定するためのテストを開発します。さらに、彼らは通常、面接で候補者を送る前に、参照、職歴、背景をチェックします。彼らのサービスは時間を節約しますが、お金がかかるかもしれません。人材派遣会社を使用して従業員を見つけることの利点は、ニーズによって異なります。

時間の節約

求人を埋めるのは、一般的に人材派遣会社を通じて迅速なプロセスです。あなたは、その仕事に伴うものと、候補者に求めている資格を代理店に知らせます。代理店はあなたのニーズを満たすと信じている候補者を引き出し、面接のためにあなたに送ります。あなたが責任ある機関と仕事をしている場合、あなたが面接する各候補者はすでに経歴と雇用参照チェックが行われており、あなたが仕事に必要なスキルセットを持っています。これにより、ポジションを宣伝したり、資格のない応募者を排除したり、資格のある応募者のバックグラウンドチェックやリファレンスチェックを行ったりする必要がないため、時間を大幅に節約できます。

雇う前に試してみてください

人材派遣会社では、就職する前に候補者を試すことができます。代理店から派遣された候補者は、所定の期間、代理店の従業員のままです。これにより、候補者が他の従業員とうまく連携できるかどうかを観察する機会が得られます。また、候補者が新しいポジションにどれだけ簡単に適応できるかを確認できます。

士気

会社の士気への悪影響は、人材派遣会社を利用して求人を埋めるリスクです。あなたの正社員と並んで働いている臨時労働者は、あなたがあなたの正社員に提供する利益なしに同じ仕事をすることに憤慨するかもしれません。

法的な問題

一部の雇用主は、労働者を一時的なものとして長期間(場合によっては数年)維持したとして訴えられてきました。場合によっては、裁判所はこれを雇用主の責任を回避する試みと見なし、派遣労働者は正社員のすべての長期的な任務と義務を果たすことを期待していました。

一時的な欠員

一時的な契約は、従業員の病気休暇、出産休暇、仕事のオーバーフローなどの一時的な欠員を埋めるためにも使用されます。臨時職員を連れてくることは、残業代を回避することによってお金を節約し、あなたの常勤労働者があまりにも多くの時間働くことによって燃え尽きるのを防ぎます。これは、労働者を維持するのに役立ちます。