リーダーシップの強みと弱み

成功したリーダーは、自分の強みを利用して他の人に影響を与え、リードする能力を妨げる弱点を最小限に抑えるように努めます。効果的なリーダーは、勤勉な努力を通じて弱点を前向きな特徴に変えることができます。同時に、彼らは弱い特性を克服するための支援を求めながら、一貫して彼らの強みを高めるために働いています。

評価

自分の強みを活かすには、自分のスキルとリーダーシップのスタイルを評価して、自分が最も強いところと、どの分野で作業が必要かを知る必要があります。たとえば、人に共感すれば簡単に信頼を得ることができますが、注意欠陥障害などの障害があると、約束を守るのに苦労するかもしれません。簡単に収集した信頼は、無計画なフォローアップスキルに対処しないと、すぐにその効果を失います。自己評価が役立つ場合もありますが、キャリアカウンセラーまたはコーチがあなたの長所と短所を評価するのに役立つ場合があります。自分の長所と短所を認識することは、成功するリーダーとして成長するために所有できる最も強力なツールの1つです。

証明

有効性を評価するもう1つの方法は、実績を検討することです。繰り返し発生する問題は、より多くの努力を払う必要がある領域を示している可能性があります。たとえば、提案が一貫して無視されている場合は、コミュニケーションスキルに取り組む必要があるかもしれません。取締役会に自分自身を説明しなければならないことに繰り返し気付いた場合は、関係の構築により多くの時間を費やす必要があるかもしれません。あなたの過去の業績と、それらの結果を達成するためにあなたが期待した強みを考慮してください。あなたは自己満足になり、あなたの弱点があなたの強いスーツを覆い隠すことを許したかもしれません。

支援

リーダーには、成功を築くための自然な才能があります。他のリーダーシップスタイルを真似ようとする代わりに、彼らは彼らのために働く前向きな強みに依存しています。自分の強みを特定したら、それらの属性の開発に取り組みます。あなたはあなたが情熱を持っていないタスクや義務を実行するために人々を雇うことができます。たとえば、計画があなたの最大の特徴ではない場合、エグゼクティブアシスタントはあなたのスケジュールを計画し、会議を組織することができます。あなたがカリスマ的で熱心な話し手であるが、考えを組み立てるのに苦労している場合は、スピーチライターを雇ってアイデアを扱いやすい形式にすることができます。有能なリーダーは、必要に応じて助けを求め、部下の仕事がリーダーの成功に反映されることを知って、組織の全体的な利益のために他の人に彼ら自身の自然な才能を開発するように促します。

残高

自分の長所と短所のバランスを見つけることは、リーダーシップを成功させるための重要な要素です。あなたが評判を築いた強みでさえ、バランスが崩れると弱みに変わる可能性があります。たとえば、非常に正確に予測できる優れた分析スキルがある場合、状況を麻痺するまで分析しすぎると、その特性が弱点になる可能性があります。あなたが熟練した話し手とコミュニケーターであるならば、あなたがあなたの関係に十分なリスニングスキルを取り入れないと、あなたの会話の強さはあなたに逆らうかもしれません。自分のパフォーマンスと結果の定期的なインベントリは、不均衡になっている長所と短所を特定するのに役立ちます。