自動販売機の種類

自動販売機事業を運営したい中小企業の所有者は、事業が提供する自動販売機の種類に関して選択肢があります。人々は一般的にスナックやソーダの自動販売機を思い浮かべますが、さまざまな状況やさまざまな環境で人々が必要としている製品を提供するセルフサービスの自動販売機は他にもいくつかあります。事業主は、さまざまな設定でさまざまな対象者向けに複数の自動販売機を操作できます。

キャンディーとソーダ

標準的な自動販売機が思い浮かぶのは、予備の交換用にキャンディー、スナック、ソーダを提供するものです。これらのマシンは、オフィスビル、学校、電車やバスの駅、モール、ショッピング施設など、さまざまな場所で利用できます。他のタイプの自動販売機には、チョコレート、ハードキャンディー、またはおもちゃ付きのキャンディーなど、特定の種類のキャンディーのみを提供するガムボールマシンまたは小型の自動販売機が含まれます。

コーヒー

一部の自動販売機では、淹れたてのコーヒー、ホットチョコレート、お茶も提供しています。これらの自動販売機を使用すると、ユーザーは特定の種類のコーヒーを特定の価格で選択でき、カップ、コーヒー、牛乳またはクリーム(選択した場合)を提供します。各自動販売機はフルコーヒーメニューを提供しています。これらの自動販売機は、オフィス、大学、大学の環境、および一部のショッピング施設に設置されています。

変化する

請求書と引き換えに変更を提供する自動販売機も、特定の環境で役立つ自動販売機です。たとえば、このタイプの自動販売機は、駐車場やランドリーショップなど、変更が必要な場所で役立ちます。チェンジベンディングマシンは、大きな紙幣やクレジットカードと引き換えに小さな紙幣や硬貨を提供することで機能します。

トイレタリーと医療用品

空港の公衆トイレ、バー、レストラン、クラブにはトイレタリーや医薬品が入った自動販売機があります。これらの自動販売機は、タンポン、フェイスクロス、デンタルフロス、小さな歯ブラシ、歯磨き粉、コンドームなどの消耗品を提供します。空港にいる人は、デオドラントや一時的なボディスプレーもあるので、旅行者は長いフライトの後にリフレッシュすることができます。

事務用品

一部の自動販売機は、事務用品などの製品を提供しています。これらのタイプの自動販売機は、学生が仕事を探している可能性のある学業環境、空港、図書館、キャリアセンターで役立ちます。これらの自動販売機は、ペン、紙、UBSフラッシュドライブ、メモ帳、鉛筆削り、小さなホッチキス、および封筒や切手などの郵送製品を提供します。