WindowsをデフォルトのスタートアップOSにする方法

コンピューターに複数のオペレーティングシステムがインストールされていて、Windows 7をデフォルトのスタートアップオペレーティングシステムにしたい場合は、サードパーティのブートローダーソフトウェアを使用する必要はありません。システム設定を手動で編集することにより、WindowsをデフォルトのOSにすることができます。別のオペレーティングシステムを使用するには、ビジネスコンピュータを再起動し、起動時にオペレーティングシステムを手動で選択するだけです。ビジネスで古いプログラムを使用する必要がある場合は、セカンダリオペレーティングシステムとしてWindowsXPを選択できます。

1

Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、[コンピューター]を右クリックして、コンテキストメニューから[プロパティ]を選択します。

2

右側の[システムの詳細設定]リンクをクリックして[システムのプロパティ]ウィンドウを開き、[詳細]タブがまだ選択されていない場合は選択します。

3

[スタートアップとリカバリ]セクションの[設定]ボタンをクリックして、[スタートアップとリカバリ]ウィンドウを開きます。

4

[デフォルトのオペレーティングシステム]ボックスで[Windows7]を選択して、デフォルトのOSにします。

5

[OK]をクリックして新しい設定を適用し、もう一度[OK]をクリックして[システムのプロパティ]ウィンドウを閉じます。