Webカメラを使用したドキュメントのイメージング

ビジネスにスキャナーがなく、デジタルカメラを使用してドキュメントをスキャンできない場合は、このタスクに簡単なWebカメラを使用できます。特にWebカメラが適切な解像度で画像を出力できる場合は、Webカメラを使用してドキュメントをイメージングすることができます。画像を保存するコンピューターにWebカメラソフトウェアがインストールされている必要があります。ウェブカメラを使用して画像化されたドキュメントの画質は、スキャナーを使用して取得できるものよりも低くなりますが、この方法を一時的に使用できます。

1

WebカメラをUSB経由でコンピューターに接続します。

2

ウェブカメラソフトウェアを起動します。ビジネスコンピュータにソフトウェアがインストールされていない場合は、Webカメラに付属のCDまたは製造元のWebサイトからインストールできます。

3

ドキュメントをWebカメラの前に配置するか、Webカメラをドキュメントの上に配置します。ドキュメントが画面に正しく表示されるまで、ドキュメントまたはWebカメラの位置を調整します。鮮明な画像を得るには十分な光が必要ですが、光がドキュメントの後ろから来ないようにし、ドキュメントに影ができないようにしてください。また、ホルダーを使用してドキュメントをしっかりと保持する必要があります。

4

Webカメラウィンドウの[スナップショット]ボタン(または同等のボタン)をクリックして、ドキュメントを画像化します。

5

画像をハードドライブ上のフォルダに保存し、次のドキュメントの画像を作成する準備をします。

6

OCRを使用して画像からテキストを抽出する場合は、画像を保存するか、GIFまたはTIFF形式に変換します。ただし、ほとんどのOCRアプリケーションは、解像度が十分に高く、画像が鮮明である限り、JPEGを含むすべての一般的な形式で動作できます。