1時間あたりの平均貢献利益を決定する方法

貢献利益は、売上高から変動費を差し引いたものとして定義されます。通常、1年間で計算されます。貢献利益とは、給与、家賃、保険、その他の月ごとの同じ費用などの固定費の支払いに使用する金額です。総貢献利益が固定費を賄うのに不十分である場合、あなたの事業は損失を被ったとみなされます。個人別、部門別、または会社全体の1時間あたりの平均貢献利益を決定できます。

1

簿記係、会計士、または簿記ソフトウェアから、その年の総売上高を取得します。たとえば、ある部門が年間300,000ドルの売上を生み出していると仮定します。

2

簿記係、会計士、または簿記ソフトウェアから、その年の部門の変動費を取得します。変動費とは、生産量に応じて増減するものです。例としては、販売手数料、原材料、送料、臨時従業員の賃金などがあります。この例の変動費は$ 180,000です。

3

その年の部門従業員の総労働時間。経理や人事から勤務時間情報を入手してください。この例では、部門の労働時間は6000に相当します。

4

売上高から変動費を差し引きます。例を続けると、$ 300,000から$ 180,000を引いたものは$ 120,000になります。これはあなたの部門の年間貢献利益です。

5

年間貢献利益を労働時間数で割ります。この場合、$ 120,000を6000で割ると$ 20になります。これは、部門の1時間あたりの平均貢献利益です。