iPhoneでアプリを大きくする方法

仕事用のiPhoneで小さなアイコンや画像を表示できない場合は、iPhone 5のユーザー補助機能のズームを使用して、アプリのアイコンを拡大したり、画面の画像を拡大したりできます。ズーム機能は、デフォルトで有効になっているスクリーンピンチ機能とは異なります。ズーム機能は、ユーザー補助メニューで有効にする必要があります。ズームを有効にすると、キーパッドを含むすべての画面要素が拡大されます。この機能が有効になっている場合は、2本ではなく3本の指を使用して、画面をスクロールおよびスワイプします。3本の指で画面をダブルタップして、通常表示とズーム表示を切り替えます。

1

iPhone 5のホーム画面で「設定」アイコンをタップして、設定アプリを起動します。

2

「一般」タブをタップし、「ユーザー補助」をタップして「ユーザー補助」メニューを開きます。

3

[ユーザー補助]メニューの[ズーム]オプションをタップして、ズームコントロールを開きます。

4

ズームトグルを「オフ」から「オン」にスライドして、ズーム機能をアクティブにします。