タスクリーダーとは何ですか?

チームリーダーとも呼ばれるタスクリーダーは、人々のグループが期待どおりにタスクまたはプロジェクトを完了することを保証する上で重要な役割を果たします。タスクリーダーの具体的な責任は、状況や固有の状況によって異なる場合がありますが、個人と役割には、すべてのタスクリーダーに共通するいくつかの一般的な特性が必要です。

役割

タスクリーダーは、特定のプロジェクトの完了を監督することになっています。リーダーは、プロジェクトに取り組んでいる人々のグループを監督し、彼らと一緒にチェックインして進捗状況を測定し、プロジェクトのステータスを上位レベルのマネージャーに報告します。タスクリーダーは、ボールを動かし続け、問題が発生したチームの誰にとってもポイントパーソンになるはずです。

資格

タスクリーダーは、完了しているタスクのすべての側面に関する専門知識を持っている必要があります。問題が発生した場合、タスクリーダーは問題を理解し、タスクに取り組んでいる他の人々に具体的な解決策を提供できる必要があります。さらに、タスクリーダーは、マネージャーの役​​割に慣れていて、自分自身を主張し、チームのメンバーに話を聞くことができる必要があります。タスクリーダーは、プロジェクトのすべての側面を調整し、全体的な進捗状況を把握するための強力な組織力を必要とします。

責任

タスクリーダーは全体像を把握しているため、彼の主な責任の1つは、専門分野で働く人々の意欲を高め、サポートを提供することです。タスクリーダーは、個々の軌道がプロジェクトの目標を達成することを確認する必要があります。タスクリーダーの主な仕事の1つは、個人にチェックインして、プロジェクトの各自でどのように進捗しているかを確認することです。リーダーはまた、グループ全体が集まり、全員が知っておく必要のある問題について話し合うために、必要に応じて会議を呼び出す必要があります。タスクリーダーはまた、協力的なグループダイナミクスを維持し、必要に応じて競合を解決する必要があります。

予定

タスクリーダーになることは、状況に応じて、長期的な仕事または短期的なポジションになる可能性があります。進行中のプロジェクトの長期的なポジションである場合、マネージャーは昇進のために現在の従業員を選択するか、外部採用のために求人を行う可能性があります。短期プロジェクトの場合、マネージャーはその特定のプロジェクトを監督するために社内からタスクリーダーを任命する可能性があります。この場合、タスクリーダーは、そのプロジェクトと他の職務の間で時間を分割する必要があります。