中小企業向けの音声から音声への翻訳ソフトウェア

今日の経済では、企業が競争するためには、ペースの速いグローバルなリーチが必要です。大企業は、さまざまな言語を話す従業員を雇い、戦略的な役割を担う余裕があります。彼らは翻訳サービスのための予算さえ持っているかもしれません。ただし、中小企業は、英語を話さない世界中の人々と効果的にコミュニケーションするためのリソースを常に持っているわけではありません。これらの企業には、音声から音声への翻訳ソフトウェアがソリューションを提供します。

音声翻訳ソフトウェアの価値

ブラジルの顧客に売り込みを提示する場合でも、中国のベンダーと取引を交渉する場合でも、ハンガリーのタクシー運転手に指示を与える場合でも、明確にコミュニケーションを取りたい場合、または無意識のうちに悲惨なことに同意する場合があります。音声から音声への翻訳ソフトウェアは、個人の翻訳者を雇って一緒に旅行するのに次善の策であり、確かにはるかに安価です。

音声翻訳ソフトウェアのしくみ

音声から音声への翻訳、または単に音声への翻訳とも呼ばれる音声から音声への翻訳は、ある言語で話された単語を受け取り、別の言語で発声します。音声翻訳ソフトウェアは、コンピューターやスマートフォンなど、さまざまなデバイスで実行できます。それはその仕事を3つの段階に分解します。まず、あなたのスピーチを受け取り、それをテキストに変換します。次に、テキストは選択した言語に翻訳されます。最後に、翻訳されたテキストが読み上げられます。

音声翻訳ソフトウェアでできることとできないこと

音声翻訳はまだ始まったばかりです。エンジニアは、音声を正確に認識してテキストに変換し、テキストをある言語から別の言語に翻訳するために使用されるアルゴリズムを引き続き強化しています。すべての言語がサポートされているわけではありません。最先端の音声翻訳ソフトウェアプログラムは、世界中で話されている数千の言語のうち数十の言語しか理解していません。通常、その場で言語を翻訳するにはインターネット接続が必要です。あなたのように聞こえる声でソフトウェアに翻訳を声に出して読んでもらうことは、まだ開発中の機能です。そのため、ハンガリーのタクシーの幹部である場合は、デバイスにハンガリー語の言語パックがダウンロードされている必要があります(ソフトウェア用に存在する場合)。インターネット接続も必要です。デバイスから出てくる声があなたのように聞こえないことを受け入れる必要があります。

音声翻訳ソフトウェア入門

市場に出回っている音声翻訳製品の多くは無料または安価であるため、提供するものを簡単に調べることができます。必要な言語と使用するデバイスを特定したら、Webまたはスマートフォンのアプリストアを検索して、利用可能なものを確認します。人気のあるプログラムには、Google翻訳、iTranslate Voice、SayHi Translate、Voice Translate Pro、BingTranslatorなどがあります。