税務上のパートナーシップと法人の違い

新しいビジネスを始めるとき、所有者が下す最も重要な決定の多くは、彼らが販売することを計画している製品やサービスに直接関係していません。企業は、所有者が収入を得る方法と企業に課税される方法に影響を与えるいくつかの異なる法的構造を持つことができます。パートナーシップと企業は、異なる税法の対象となる2つの一般的なタイプのビジネスです。

パートナーシップ税規則

パートナーシップは、会社の所有権と管理責任が2人以上の個人に分割されるビジネス構造です。パートナーシップは所有者とは別の法人ではないため、パートナーシップ自体は税金を支払いません。内国歳入庁は、パートナーシップ構造の下で、企業が稼ぐ利益は、所有者の個人所得税申告書に直接流れると言います。たとえば、2人の所有者とのパートナーシップが50万ドルの利益を上げ、所有者が利益を均等に分割する場合、それぞれが個人の確定申告で25万ドルの収入を報告する必要があります。パートナーは、事業所得に対する自営業税を支払う責任があります。

法人税規則

法人とは、会社の株式を購入する株主グループが所有する事業です。法人は、税務上所有者とは別の法人です。IRSによると、企業は利益が得られたときに所得税を支払います。パートナーシップの所有者とは異なり、株主は企業が稼いだ利益に対して税金を支払う責任はありません。企業の株主は自営業税の対象ではありません。

所有者の責任

企業とパートナーシップのもう1つの大きな違いは、事業の負債に対する所有者の責任です。パートナーシップでは、所有者は事業の負債に対して法的責任を負います。パートナーシップが失敗した場合、パートナーは自分の個人的なリソースで債権者に返済しなければならない場合があります。企業の株主は企業の負債に対して責任を負いません。言い換えれば、企業が廃業した場合、株主は企業が負っている負債や税金に対して責任を負いません。

考慮事項

配当とは、企業が株主に支払う現金または株式の支払いです。企業の株主は、企業の利益に対して税金を支払うことはありませんが、企業が現金配当として分配する利益に対して税金を支払います。さらに、株主が時間の経過とともに価値が上昇した会社の株式を売却する場合、株主は株式の売却によって実現した利益に対してキャピタルゲイン税を支払う必要があります。