物品税は需要量をどのように変えますか?

物品税は、国内で生産および販売される特定の商品またはサービスに課される税金です。中小企業の所有者として、既存または潜在的な物品税が製品の需要にどのように影響するかを理解することが重要です。ただし、物品税はすべての製品に等しく影響するわけではなく、需要を維持するために物品税に対応して講じることができる対策があります。

経済理論

一般的に、物品税は消費者が要求する品目の量を減らします。これは、物品税が製品の価格を上昇させ、消費者にとって魅力が低下するという単純な理由で発生します。消費税と需要の関係は負で直線的です。つまり、一般的に、消費税は消費税の増加に比例して減少します。

効果のレベル

物品税が消費者の需要にどの程度影響するかは、価格弾力性のレベルによって異なります。価格弾力性とは、需要が価格の変化にどの程度反応するかを指します。一部の製品は他の製品よりも弾力性があります。つまり、特定の製品の価格の変更は、他の製品よりも需要に大きな影響を与えます。基礎食品などの必需品は、一般的に高級品よりも物品税の影響を受けにくいです。

流用された需要

製品の需要は物品税によって排除されない場合がありますが、適切な代替品が存在する場合、需要をこれらの代替品に切り替えることができます。たとえば、サトウキビに物品税が導入された場合、テンサイなどの代替品に対する需要が増加する可能性があります。場合によっては、需要が闇市場にシフトする可能性があります。これはたばこ業界の場合であり、物品税が---場合によっては---違法なたばこの需要を増加させています。

需要に影響を与える

事業主は、物品税の引き上げに直面して需要に影響を与える可能性があります。需要の減少の根源は、製品の価格の上昇です。企業は価格を下げることでこの原因に対抗することができます。これにより、要求される製品の数が増えますが、ビジネスの利益率が低くなるため、必ずしも利益が増えるとは限りません。