2台のコンピューターでQuickenを実行する方法

Quickenは、Intuitによって開発された財務管理プログラムであり、家庭や中小企業で使用されています。2台以上のコンピューターでQuickenを実行することはできますが、課題は各コンピューター間でデータの同期を維持することです。この問題は、Quickenのバックアップと復元機能を使用するか、ネットワーク共有を介してデータを同期することで解決できます。

バックアップと復元オプションの使用

1

「スタート」|「すべてのプログラム」|「Quicken2012」|「Quicken2012」をクリックします。以前のバージョンをお持ちの場合、年は異なります。

2

「ファイル」を選択し、「バックアップと復元」を選択して、「バックアップQuickenファイル」をクリックします。

3

[コンピューターまたはハードドライブ(CD、ハードドライブ、サムドライブ)にバックアップする]を選択します。

4

「変更...」をクリックして、バックアップを保存する場所を指定します。移植性のために、ネットワークの場所またはフラッシュドライブを選択できます。

5

[今すぐバックアップ]をクリックします。バックアップが完了すると、「Quickenデータファイルが正常にバックアップされました。[OK]をクリックしてください。」という確認メッセージが表示されます。

6

2台目のコンピューターからQuickenを起動します。「ファイル」メニューをクリックし、「バックアップと復元」を選択し、「バックアップファイルから復元」を選択します。

7

[バックアップから復元]ラジオボタンを選択し、[参照...]を選択します。ネットワークの場所を使用している場合は、その場所を参照して、その共有フォルダーを選択します。フラッシュドライブを使用している場合は、フラッシュドライブをコンピューターに配置し、その場所を参照します。

8

「バックアップの復元」をクリックしてデータを復元し、2台のコンピューター間でQuickenを同期します。