ビジネスインテリジェンスの利点

ビジネスインテリジェンスとは、通常、企業のあらゆる種類の複雑なビジネスデータを収集し、それをレポートにまとめるコンピュータソフトウェアやその他のツールを指します。収集されたデータは、特定の部門に焦点を当てたり、会社のステータスの全体像を示したりする場合があります。処理するデータが大量にある大企業は、ビジネスインテリジェンスから大きな恩恵を受ける可能性が最も高いですが、小規模な懸念事項でもそれを使用しています。ビジネスインテリジェンスは、企業が最も収益性の高い顧客、組織内の問題点、または特定の製品の投資収益率を特定するのに役立つ場合があります。全社的なビジネスインテリジェンスシステムは、確立するのに複雑で費用と時間がかかりますが、正しく実装して使用すると、そのメリットは大きくなる可能性があります。

事実に基づく決定

全社的なビジネスインテリジェンスシステムが導入されると、経営陣は、財務データ、生産データ、顧客データなど、ビジネスのあらゆる側面に関する詳細な最新データを確認できます。個々の製品または製品ラインの現在の投資収益率レポートなど、事前に決定された方法でこの情報を統合するレポートを読むことができます。この情報は、経営陣がどの製品に集中し、どの製品を中止するかなど、事実に基づいた決定を下すのに役立ちます。

販売と交渉を改善します

ビジネスインテリジェンスシステムは、販売動向、製品の改善または追加、現在の顧客の好み、および未踏の市場を特定する最新のレポートへのアクセスを提供するため、企業の営業部隊にとって貴重な資産になる可能性があります。詳細で最新のデータは、サプライヤーや他のベンダーとの交渉の貴重なバックアップでもあります。

無駄を排除します

ビジネスインテリジェンスシステムは、以前は大規模な組織では見過ごされていた可能性のある無駄や損失の領域を指摘できます。全社的なビジネスインテリジェンスシステムは単一の統合された全体として機能するため、子会社と部門間のトランザクションを分析して、重複または非効率な領域を特定できます。CIOのウェブサイトによると、2000年に「[ビジネスインテリジェンス]ツールの助けを借りて、トヨタは荷送人に812,000ドルの二重支払いをしていたことに気づきました」。

機会を特定します

ビジネスインテリジェンスは、企業が自社の能力を評価するのに役立ちます。その相対的な長所と短所を競合他社と比較します。トレンドと市場の状況を特定します。 Journal of Theoretical and Applied Information Technologyによると、変化に迅速に対応し、競争上の優位性を獲得します。これは、意思決定者が機会に応じて迅速かつ正確に行動するのに役立ちます。会社が最も収益性の高い顧客と潜在的に収益性の高い顧客を特定するのに役立ちます。顧客の不満の理由を評価してから、売上に費用がかかり始めます。