州間販売の消費税はどこで申告しますか?

インターネットにより、企業は州外の顧客を簡単に見つけて販売できるようになりました。企業は、所在する州内での売上に対して消費税を徴収する必要がありますが、州間売上に対する売上税の徴収と提出についてどうすればよいかが不明確な場合があります。重要なのは、企業が顧客の状態に存在するかどうかです。その場合、税金を徴収し、その州の歳入局に提出する必要があります。会社が存在しない場合、消費税を徴収する必要はありません。

物理的存在

通常、事業者または営業担当者がいる州では、消費税を徴収する必要があります。これは、状態に「ネクサス」があると呼ばれます。場合によっては、ある州にネクサスがあることは明らかです。それは、そこにあなたのビジネスが物理的に位置しているからです。また、透明性が低い場合もあります。たとえば、テネシー州歳入局は、「テネシー州にオフィス、配布ポイント、販売室、倉庫、またはその他の一時的または恒久的な事業所がある場合、テネシー州にネクサスがあると定義しています。エージェント、営業担当者、キャンバス担当者、または、販売または販売の注文を行う目的でテネシーで活動している勧誘者、テネシーにいる間に販売または使用税の対象となる資産またはサービスを提供する、テネシーにある有形の個人資産の貸し手です。」

物理的な存在なし

通常、通信販売を通じて州に販売する小売業者は、消費税を徴収しようとはしません。アイオワなどの一部の州では、アイオワ州の売上税レポートで州外の売上を報告する必要がありますが、その後は免除されます。自分の州の消費税レポートを注意深くチェックして、物理的に存在しない州での売上を報告する必要があるかどうかを確認してください。

州間売上税協定

州間販売に対する消費税を徴収する試みにおいて、一部の州は、各州の消費税を徴収して提出することを商人に要求する協定を締結しようとしました。たとえば、ニューヨークとニュージャージーはニューヨーク/ニュージャージー協同組合州間税プログラムを開始しましたが、2010年に取り消されました。合理化された販売および使用税中央登録システムは、メールオーダー販売の消費税を徴収する方法として作成されました。2013年には、22の加盟国があります。アーカンソー、ジョージア、インディアナ、アイオワ、カンザス、ケンタッキー、ミシガン、ミネソタ、ネブラスカ、ネバダ、ニュージャージー、ノースカロライナ、ノースダコタ、オクラホマ、ロードアイランド、サウスダコタ、ユタ、バーモント、ワシントン、ウェストバージニア、ウィスコンシン、ワイオミング。ただし、Streamlineプログラムへの登録は完全に任意です。

州間消費税の提出

州にネクサスがあるために消費税を徴収して提出する必要がある場合は、その州の消費税徴収機関(通常は歳入局)に登録する必要があります。その州に直接消費税を提出するための指示とフォームを受け取ります。州と相互協定を結んでいる州で事業を行う場合、州外の税金の提出に関する情報は、州から受け取る消費税フォームに記載する必要があります。通常、徴収した消費税はすべて提出します。あなた自身の州の歳入局に。