効果的または説得力のある広告の特徴

広告の効果と説得力は密接に関連しています。広告にはさまざまな目標があることがよくありますが、それぞれの一般的な目的は、ブランドに対して特定の方法で考え、感じ、行動するように顧客を説得することです。これを念頭に置いて、効果的で説得力のある広告にはいくつかの共通の特徴があります。

感情に訴える

説得には通常、購入状況で誰かの合理的または感情的な動機とつながる必要があります。多くの場合、感情的な訴えはより大きな影響を及ぼします。効果的な広告は通常、強力な市場調査に依存して、ターゲット顧客を刺激するもの、またはどのようなメリットとメッセージコンテンツが彼らの意図を得るのかを明らかにします。感情的な影響を与える方法でターゲットオーディエンスに最もアピールする利点を強調することは重要な要素です。たとえば、香水を官能性と関連付けることで、潜在的な顧客の魅力的な欲求をアピールできます。

微妙な使い方

最も印象的で共鳴する広告は、通常、明快さと繊細さの間の微妙な境界線を歩きます。あなたは顧客にあなたのメッセージを「受け取って」もらいたいが、あなたはまたあなたがいくらかの認知的残留物、または永続的な影響を生み出すことができるように彼らに少し考えなければならないことを望んでいる。ここで創造性の役割が重要になります。企業はしばしば比喩を使用して、わずかにユニークまたは異なるメッセージ状況でブランドの利点を表現します。これにより、顧客は、ブランドについて完全に混乱させることなく、ドットをポイントに接続する必要があります。たとえば、ガムメーカーのテレビ広告では、誰かがガムを口に入れて、遠くの冬風の効果音をバックグラウンドで再生することを示す広告をリリースすることで、クールなミントフレーバーを活発でさわやかな冬の日に関連付けることができます。

物語を伝える

効果的な広告は、ストーリーに顧客とつながることができ、多くの場合、視聴者やリスナーが広告内のキャラクターの窮状を識別できるようにするキャラクターを使用して設定を作成します。たとえば、自動車保険の広告は、ドライバーがフェンダーベンダーに乗り込み、十分な自動車保険に加入していないことへの欲求不満を経験していることを示している場合があります。潜在的な顧客は、この窮地に立たされているか、そうであった場合に感じるストレスを想像できるため、関係する可能性があります。

メディアとメッセージ

効果的で説得力のある広告は、適切な媒体を通じて適切な方法で配信されます。テレビ広告では、設定、照明、音、キャラクターの表現、会話がすべてメッセージのムードに影響します。印刷広告では、デザイン、色の使用、コピーのインパクトトーン。ラジオでは、音とコピーのブレンドがトーンを設定します。メディアとメッセージは、明確さとインパクトを与えるために連携する必要があります。ケルンや香水のコマーシャルでは、官能的な音楽、照明、キャラクターのジェスチャーを使用して、ブランドが魅力的で魅力的な香りを提供しているというメッセージを伝えることがよくあります。