数量割引対 線形価格

中小企業が商品やサービスの価格を設定する場合、所有者は2つの価格設定スケジュールのいずれかを選択できます。線形価格設定モードは、顧客が購入するユニットの数に関係なく、同じユニットあたりの価格を維持します。ただし、多くの企業は数量割引を採用することを選択しています。顧客は、複数のユニットを購入するときに、ユニットあたりの価格が低くなります。これらの価格設定方法にはそれぞれ、長所と短所があります。

数量割引の利点

数量割引の主な利点は、単価の引き下げにより、顧客が大量に注文できるようになることです。顧客が大量に注文すると、売り手はトランザクションあたりの収益を増やします。売り手は、大量購入者を奨励するために、数量割引を「段階的」に拡大することもできます。たとえば、数量割引に「ステップ」を採用しているTシャツメーカーは、シャツを1枚20ドル、5枚を90ドル、10枚を160ドルで提供できます。

数量割引の欠点

数量割引を提供することの主な欠点は、割引提供が限界利益としても知られる単位当たりの利益を減少させることです。上記の例を使用すると、Tシャツ会社の単位当たりのコストが$ 10の場合、会社は1枚のシャツの$ 20の販売ごとに$ 10の利益を上げます。ただし、数量割引を使用すると、5のオーダーで限界利益が8ドル、10のオーダーで限界利益が6ドルになります。

線形価格設定の利点

線形価格設定方法は、事業主にとって管理が容易であるだけでなく、各アイテムの限界利益を維持します。線形価格設定モデルを採用しているTシャツ会社は、1枚のシャツを20ドル、5枚のシャツを100ドル、10枚を200ドルで販売します。各シャツの製造コストが10ドルの場合、注文で販売されたシャツの数に関係なく、各シャツの限界利益は10ドルになります。

線形価格設定の欠点

線形価格設定方法の主な欠点は、顧客が大量に注文するための十分なインセンティブを提供しないことです。顧客が単一のアイテムのみを注文する場合、トランザクションあたりの価格は同じままです。線形価格設定はまた、事業主が規模の経済を利用する機会を否定します。数量が多いと、企業は出荷や梱包などの付随的な単位当たりのコストを1つの注文にまとめることができます。