デイケアセンターの法的問題

あなたが子供を愛しているなら、デイケアセンターは夢のビジネスのように思えるかもしれません。しかし、デイケアセンターを運営するには、子供たちと仲良くする以上のことが必要です。州内の保育所に固有の法律、および該当する州および連邦の雇用法に従う必要があります。

ライセンス

州から保育施設の免許を取得する必要があり、州の免許要件は異なります。州の検査に提出するか、保育士が認可されているという証拠を提示するか、州によって義務付けられている特定の健康、安全、および栄養のルーチンに従う必要がある場合があります。ライセンスのない施設として運営している場合、州が罰金を科す場合があります。

雇用法

スタッフがいる場合は、ビジネスがどんなに小規模であろうと家族向けであろうと、州および連邦の雇用法に従う必要があります。人種、宗教、性別、年齢、障害の状況に基づいて従業員を差別することはできません。また、残業代を含め、勤務時間ごとに従業員に支払う必要があります。あなたの従業員はまた最低賃金を作らなければなりません、そしてあなたのビジネスは彼らの安全を確実にするために合理的な予防措置をとらなければなりません。これは、建物が安全で適切に修理されている必要があることを意味します。子供は頻繁に病気にかかるため、感染が広がらないように合理的な予防策を講じる必要があります。

契約

クライアントとの契約を使用することをお勧めします。これは明確に期待を設定し、あなたの育児サービスのタイムリーな支払いを確実にするのに役立ちます。子供の親と契約を結ぶと、法の効力があります。つまり、相互の同意によって同意するか、裁判所が契約を無効にしない限り、どちらも単に契約を放棄することはできません。契約で特定のサービス(毎日の読書時間など)を提供することが約束されている場合は、この約束を守る必要があります。そうしないと、訴訟の危険があります。

安全性

州のライセンス法は、デイケア施設の安全性に関する特定の基準を定めています。一般に、おもちゃが窒息の危険をもたらさないようにすることで、子供の怪我のリスクを減らす必要があります。また、子供を個々のリスクから保護するために、合理的な予防策を講じる必要があります。たとえば、子供がピーナッツにアレルギーがあることがわかっている場合、子供にピーナッツを与えることは過失を構成する可能性があります。また、特定のスタッフと子の比率が必要になる場合もあります。定期的なおむつ交換や手洗いなどの基本的な衛生状態も重要です。あなたが子供に最小限のケアを提供しない場合、州はあなたに児童虐待を請求したり罰金を科したりする可能性があります。

差別

公共の保育施設は、子供やその家族に対する差別を行うことを禁じられています。連邦法の下では、障害児は、アクセスランプの設置や変更された毎日のスケジュールなどの合理的配慮を受ける権利があります。デイケアが幼稚園として認可されている場合は、個別教育計画など、学習障害のある子供にリソースを提供する必要がある場合もあります。