Canon RebelT2iカメラでピクチャータイマーを設定する方法

Canon Rebel T2iカメラは、シャッターボタンを押してから数秒後に写真を撮ることができます。セルフタイマー機能を使用すると、シャッターが切れる前に、自画像や集合写真の位置を確認できます。セルフタイマー機能は、長時間露光の写真を撮りたいときに非常に便利です。遅延により手ぶれが大幅に減少するため、写真を台無しにするリスクがありません。望遠レンズを使用しているときは、タイマーによって手ブレも軽減されることに注意してください。

1

カメラの背面にある左ボタンを押して、ドライブモードメニューを表示します。

2

希望のセルフタイマーを選択するまで左ボタンを繰り返し押してから、「設定」ボタンを押します。「10秒」セルフタイマーは、シャッターボタンを押してから10秒後に撮影します。「2秒」のセルフタイマーは、ボタンを押してから2秒後に写真を撮ります。「10秒セルフタイマープラス連続撮影」オプションは、10秒後に連続撮影を開始します。ショット数を選択するには、上ボタンまたは下ボタンを押します。

3

被写体にピントを合わせて構図を決めます。シャッターボタンを押してタイマーをスタートさせます。セルフタイマーランプが点滅し始め、カメラからビープ音が鳴り始めます。カウントダウンはカメラの画面に表示されます。