S法人の選挙を終了してLLCに戻す方法

LLCとも呼ばれる複数メンバーの有限責任会社は、連邦所得税の目的で内国歳入庁がどのように扱うかを選択する必要があります。IRSは、複数メンバーのLLCに、パートナーシップまたは法人として課税されるという2つのオプションを提供します。法人として課税されることを選択したLLCは、内国歳入法のサブチャプターSに基づいて、S法人としても知られる中小企業として課税される追加の選択を行うことができます。この選挙は、LLCがいつでも取り消すことができます。選挙が取り消されると、会社は通常の法人として課税されるLLCに戻ります。

1

S法人の選挙を終了するために投票してください。LLCのメンバーと呼ばれるすべての所有者の会議を呼び出します。内国歳入法のサブチャプターSは、選挙を終了するために会社の所有者の50パーセント以上の同意を必要とします。会議の議事録に投票を記録し、LLCの記録簿に議事録を提出します。幹事に、管理メンバーが解雇の決定を実行する権限を与える決議案を起草してもらいます。

2

選挙を終了するための同意書を作成します。終了に投票した所有者の過半数に同意書に署名してもらいます。同意書の形式は、IRSフォーム2553、中小企業による選挙での元のS法人の選挙に含まれていた同意書を反映することができます。基本的に、同意書には、解約の希望、解約の発効日、同意した所有者のリスト、社会保障番号、および過半数の決定を証明する所有権の割合を表す文言を含める必要があります。フォームには所有者の署名が必要であり、署名は公証されている必要があります。

3

選挙を終了するIRSへの手紙を準備します。S法人の選挙を終了するための正式なフォームはありません。書簡には「S法人ステータスの取り消し」というタイトルを付け、IRCセクション1362(a)に従って会社が選挙を終了するという声明を含める必要があります。また、会社の雇用者識別番号と解雇の発効日も含める必要があります。会社の連邦所得税申告書に署名する管理メンバーは、この手紙に署名する人でなければなりません。

4

終了通知と同意書をIRSに送信します。最初の選挙を処理したのと同じIRSサービスセンターに文書を送信します。フォーム2553を提出したときに、選挙を承認するIRSから会社が受け取った手紙を参照してください。この手紙は、会社の記録簿に記載されている必要があります。終了通知を同じサービスセンターに宛ててください。