企業間の競業避止契約

競業避止契約は、コンピューターシステム、マーケティングプラン、価格戦略など、企業の機密情報を保護するのに役立ちます。これらのタイプの契約は、従業員だけでなく、企業とやり取りして機密情報に遭遇する個人または企業にも適用される場合があります。一部の競業避止契約は、範囲と期間が不合理である場合、法廷で支持されない場合があります。

目的

競業避止契約は、従業員、独立請負業者、ビジネスパートナー、またはビジネスクライアントが会社での作業中に接触する可能性のある会社内の特定の機密情報を保護するのに役立ちます。個人に会社の機密情報が提供された場合、競業避止契約により、その情報を使用して会社と競争することは禁じられています。したがって、会社の元従業員が競合他社として自分のベンチャー企業に参入することを決定した場合、彼はその情報を元雇用主に損害を与えるために使用することはできません。しかし、それは個人が単に生計を立てる権利を維持することを妨げるものではありません。さらに、従業員が競業避止契約に署名する場合、契約の範囲によって保護されている情報を競合他社に開示しない場合があります。元雇用主と部外者。

タイプ

すべての従業員、独立請負業者、またはその他のビジネスクライアントが競業避止契約に署名する必要があるわけではありません。事業運営全体に影響を与える、または事業運営に大きな影響を与える可能性のある企業の機密情報にアクセスできる個人のみが、競業避止契約に署名する必要があります。役員、取締役、および秘書などの一部の管理職は、会社の機密情報に遭遇する可能性があります。

規定

競業避止契約は、有効な契約の基本要件に準拠する必要があります。これらの重要な要素には、提供、受け入れ、および検討が含まれます。両当事者は、契約条件について相互に合意する必要があり、両当事者は、合意を締結するための考慮事項を提供する必要があります。競業避止契約では、機密を保持する必要があるものと、機密情報が従業員、請負業者、またはビジネスクライアントとビジネスとの関係にどのように関連するかを正確に規定する必要があります。さらに、契約には契約期間を記載する必要があります。

法的側面

裁判官は、競業避止契約が有効かどうかを判断する際に裁量権を維持します。ただし、合意の範囲と期間が合理的であり、両当事者の利益のバランスが取れている場合、合意は法廷で支持される可能性があります。一部の競業避止契約は施行が難しい場合があります。ただし、適用される州法を遵守する必要があり、制限は公正な競争を妨げることなく会社の利益を合理的に保護する必要があります。