税金の会社の住所と別の郵送先住所を教えてもらえますか?

ビジネスの郵送先住所と納税先住所を分けておくことには、税制上のメリットはありません。ただし、私書箱に依存している場合や、複数の場所にオフィスがある場合は、納税者の​​住所が郵送先住所と異なる場合があります。内国歳入庁からの連絡を受け取ることができる限り、そのような設定は問題になりません。

物理的対 送り先

多くの企業では、郵送先住所と住所が異なります。たとえば、ビジネスコミュニケーションに私書箱を使用したり、会社の住所ではなく自宅から税金を申告したりできます。納税申告書にビジネスの場所に関する情報を記載する必要がありますが、ビジネスに1つの住所のみを使用したり、ビジネスの住所から税金を申告したりする必要があるという規則はありません。

複数の州の住所

複数の州に複数の事業がある場合、または1つの州に住んでいて別の州で働いている場合は、複数の納税申告書を提出する必要があります。あなたが事業を所有している、または収入を得ている州ごとに州税申告書を提出する必要があります。あなたが住んでいない州の場合は、非居住者の確定申告書に記入するだけです。この申告は、連邦税の確定申告には影響しません。

不正確なアドレスの使用

ビジネスや税金に異なる住所を使用することはできますが、偽の住所を使用することはできません。たとえば、自宅の住所を使用して税金を申告することはまったく問題ありませんが、親戚と同居していない限り、偽の住所を作成したり、親戚の住所を使用したりすることはできません。これは一種の詐欺であり、特に州の所得税要件を回避するために別の州に住んでいるふりをしている場合はそうです。

住所の変更

引っ越したり、IRSで住所を変更する必要がある場合は、すぐに変更してください。住所が不正確な場合、必要に応じてIRSから連絡が取れなくなる可能性があります。また、追加の税金を支払う必要がある場合は、延滞料やその他の罰則が科せられる可能性があります。企業は、住所の変更をIRSに通知するために、フォーム8822-Bに記入する必要があります。最寄りの郵便局でメール転送を設定すると、IRSが住所の変更を処理するまでメールを確実に受け取ることができます。