Outlookで電子メールの添付ファイルを開く際の問題

Microsoft Outlookを介した電子メールの添付ファイルの配信に問題があると、デジタルパッケージをダウンロードするために、ソースの電子メールアカウントの1つに戻る可能性があり、時間と労力がかかります。Outlookで添付ファイルを開くことに関連する一般的な問題について、Microsoftの修正のいくつかを確認すると、メールクライアントを放棄して、電子メールアカウントを個別に確認する必要がなくなります。

保護されたビュー

Microsoft Exchangeサーバーを介して受信した信頼できるソースからのドキュメントが常に「保護されたビュー」で開かれている場合、レジストリ値「MarkInternalAsUnsafe」がセキュリティ機能を開始している可能性があります。コンピュータのレジストリにあるOutlookのセキュリティキーの「MarkInternalAsUnsafe」値を無効にするか、Microsoftの修正プログラムを適用することで、Exchangeサーバーの添付ファイルが読み取り専用モードに読み込まれないようにすることができます(「参考文献」を参照)。

添付ファイルがブロックされました

既定では、Outlookは、エクスプロイトに対して脆弱で、悪意のあるソフトウェアをコンピューターに導入するために使用される可能性のあるすべてのファイルタイプをブロックします。管理者の同意と支援を得て、Outlookを介してExchangeサーバー経由で制限付きファイルの種類を送信するか、管理者であるシステムでOutlookのレジストリキーを変更することができます。Exchangeサーバーを使用しない場合、またはレジストリの変更を避けたい場合は、送信者に、圧縮ファイルまたはWebリンクを介して添付ファイルを再送信するように依頼してください。

Word文書にアクセスできません

Microsoft WordがOutlookの電子メールエディタとして設定されている場合、「プライベート」として分類されたWord文書にはアクセスできません。Outlookの[オプション]メニューの[メール形式]タブにある[MicrosoftWordを使用して電子メールメッセージを編集する]オプションの選択を解除した後、別のワードプロセッサを使用してプライベートドキュメントを開くことができます。

ブラウザの問題

Microsoftのサポートによると、Outlook.comインターフェイスで添付ファイルを開く際に問題が発生する可能性が最も高いのは、古いブラウザであるとのことです。ブラウザの最新バージョンに更新します。インターネットの閲覧履歴を消去することも役立つ場合があります。