人事はどのように組織に付加価値をもたらしますか?

従業員を最も価値のある資産と考える企業にとって、人的資源は非常に価値があります。最も一般的な意味で、人事は労働者が可能な限り最高のレベルで行動し、高い士気の組織文化を維持するように動機づけます。21世紀初頭、戦略的HRは、強力な組織の構築と開発においてこの機能領域が果たす役割の顕著な見方として浮上してきました。

ヒント

人事は、労働者が可能な限り最高のレベルで行動し、高い士気の組織文化を維持するように動機付けます。人事部門が企業に付加価値を与える主な方法は、企業のリーダーを説得して従業員を訓練および育成し、報酬の増加と定期的な昇進を通じて強力な業績に報いることです。

人とパフォーマンス

よく運営されている人事部門は、会社の成功、質の高い労働者、卓越した業績への重要なリンクを管理しています。企業の長期的な成功と財務実績は、通常、従業員の才能、モチベーション、業績に直接関係しています。人々は製品を作って販売し、顧客と協力し、意思決定に協力します。人事部門が企業に付加価値を与える主な方法は、このリンクを促進し、企業のリーダーを説得して従業員を訓練および育成し、報酬の増加と定期的な昇進を通じて強力な業績に報いることです。

人材の獲得と保持

人材の採用と維持は、業績の高い企業の基盤であり、急速に成長したい中小企業や新興企業にとって不可欠です。人事部は、企業の最高の従業員を採用、誘致、採用、トレーニング、動機付け、維持するシステムの構築と管理を主に担当しています。

これには、強力な仕事の設計を確立し、それに合わせて適切な従業員を雇用することが含まれます。また、強力な面接とスクリーニングのプロセスの構築、オリエンテーションとトレーニングの計画、成功する従業員評価ツールの開発、ビジネスが提供するものを最大化する動機付けの報酬プログラムの構築も含まれます。たとえば、新興企業が会社の株式を提供し、確立された中小企業が寛大な休暇ポリシーを提供する場合があります。

訴訟からの保護

人事がビジネスに付加価値を与えるあまり知られていない方法の1つは、差別や不法解雇訴訟からの法的保護によるものです。人事の専門家は、従業員の法律を常に把握し、事業主や経営者を教育する必要があります。

また、公平性と平等を促進する採用および昇進システムを設計する必要があります。たとえば、特に仕事に合わせた面接の質問は、差別請求のリスクを最小限に抑えます。職場が多様化するにつれて、人事のこの要素はますます価値が高くなります。

戦略的計画への参加

積極的な人事戦略が雇用条件への反応的な対応を追い越しているため、人事の専門家は計画においてより強力な役割を果たします。人事部長は通常、会社の管理チームに所属し、戦略的計画に参加します。これには、会社の長所と短所の評価、および機会と脅威の予測が含まれます。 HR参加者は、人とリソースのニーズに関する現在の見解と将来の期待、報酬とトレーニングの変更についての議論、および新たな機会と脅威に関する調査に貢献します。