請求書の費用とは何ですか?

多くの企業は、商品を卸売りで購入し、小売価格で販売して利益を上げています。アイテムの請求コストは、会社が再販のためにアイテムを購入するために卸売業者に支払う価格です。ほとんどの企業は、アイテムの請求書コストを使用して、適切な小売価格を決定します。

請求書コストの構成要素

アイテムの卸売業者は通常、請求書のコストを決定しますが、大規模な小売業者がより低い価格を交渉する場合もあります。請求書の費用には、通常、品目の製造に使用される材料の費用、人件費、および卸売業者の利益率が含まれます。また、州の消費税または配送料が含まれる場合があります。卸売業者は通常、小売購入者の個々のアイテムのコストを削減するためにアイテムをまとめて販売します。

小売価格の決定

アイテムの請求書コストは、ビジネスがアイテムに投資した金額を表します。企業は、請求書のコストに一定の割合のマークアップを追加することによって、アイテムの小売価格を決定します。たとえば、請求書のコストが20ドルのアイテムで60%の利益が必要なビジネスでは、32ドルの小売価格でアイテムを販売します。方程式は次のようになります:[(。60 x 20)+ 20 = 32]。

その他の要因

請求書の費用は、会社が卸売業者に支払った価格のみを考慮しています。ただし、ほとんどの企業には、光熱費、家賃、梱包費など、販売する商品の購入に直接関係しないオーバーヘッドコストがあります。これらのコストを補うために、会社は、アイテムの適切な小売価格を計算するときに、見積間接費の一部を請求書コストに含める場合があります。

考慮事項

一部の卸売業者は、小売購入者が迅速に支払うか、特定の数のアイテムを購入することに同意した場合、請求価格に追加の割引を提供する場合があります。このような場合、小売業者が獲得する実際の利益は、請求価格を使用して計算した利益よりも高くなります。一方、変動間接費の予想外の増加により、会社は請求価格とその推定間接費を使用して計算したよりも少ない利益を得る可能性があります。