良い組織の5つの兆候

健全な組織では、従業員と上司は同じ目標を持っており、誰もが包摂と参加の感覚を楽しんでいます。理想的には、よく運営されている組織のマネージャーは、部下が出したアイデアに耳を傾けます。優れた組織文化の兆候に注意を払うことにより、組織は軌道に乗ってその使命を達成することができます。

意図的な強調

優れた組織には明確に定義された目的があり、プロセスよりも目的が重要であるという態度を育みます。つまり、上司は、手紙の手順に従ったかどうかだけでなく、従業員が仕事をする上でどれほど効果的であるかに焦点を合わせ続けることを意味します。時にはそれは仕事の質が量よりも勝ることを意味します。労働者がかける電話の数やレポートに含まれるページの数ではなく、電話の成功度とレポートの効率性です。

幸せな従業員

良い組織のもう一つの兆候は、従業員の幸福または充実感と恐れの欠如です。満足している従業員は、遅れを取り、質問されることなく売り込むことで、組織のために「さらに一歩前進」することをいとわない。組織は、パフォーマンスと競争力の向上によって恩恵を受けます。

効果的なリーダーシップスタイル

うまくいくリーダーシップのスタイルはたくさんありますが、うまくいかないものもあります。それだけのために部下に対して権力を行使する権威主義的指導者は、システムを弱体化させます。効果的なリーダーはチームを作り、従業員に才能をプールして創造的な解決策を考え出すように促すことができます。スーパーバイザーは、従業員が自分で作業できるようにすることでコーチとして機能する場合がありますが、困難な状況が発生した場合に支援できるようにします。

適応性

効果的に競争するには、組織は変化する環境に適応できる必要があります。組織は、チャンスをつかみ、予期しない問題に対処できる必要があります。これは、柔軟性よりも優先順位が重視されないことを意味します。常にそのように行われるため、何かを行うだけでは十分ではありません。

リアリズム

良い組織のもう一つの兆候は、それが現実的であるということです。成功している組織は、困難な時期に熱烈なレポートを提供するのではなく、データを分析し、それに応じて調整を行うことができます。現実的な解決策で困難に直面し、実質なしに動きを経験しないと、組織は失敗に終わる可能性があります。形よりも現実の方が重要です。