AVGレスキューディスクのチュートリアル

AVG Rescue CDを使用すると、オペレーティングシステムを起動したり、アプリケーションを開いたりできない場合に、PCから感染を見つけて削除できます。このソフトウェアはCD、DVD、またはUSBフラッシュドライブから実行され、AVG AntiVirusと同じタスクの多くを実行します。データベースから最新のウイルス定義を取得し、ドライブでマルウェアをスキャンし、検出された感染の名前を変更または削除します。

1

問題のPCを起動できない場合は、別のPCにサインオンします。USBスティック用のAVGレスキューCDをAVGWebサイト(「参考文献」のリンク)からダウンロードします。

2

ダウンロードが完了したらZIPファイルを開き、USBフラッシュドライブをコンピューターに接続します。

3

ポップアップウィンドウから[デバイスを開いてファイルを表示]を選択し、ZIPファイルの内容をフラッシュドライブにドラッグアンドドロップします。

4

「makeboot.bat」をダブルクリックしてバッチファイルを開き、プロンプトで任意のキーを押してリカバリディスクを作成します。

5

コンピュータを再起動してフラッシュドライブを起動し、ようこそ画面で「Enter」を押して続行します。

6

カーソルキーを使用してプロンプトで「はい」を選択し、「Enter」を押してAVG RescueCDのアップデートをダウンロードしてインストールします。

7

更新が完了したらメニューから「スキャン」を選択し、「Enter」を押します。

8

ボリューム全体をスキャンすることを選択し、「Enter」を押してシステムドライブに感染がないか確認します。

9

スキャン結果メニューからAVGRescue CDが感染ファイルを処理する方法を選択し、「Enter」を押してボリュームを修復します。