人事計画プロセス

人事計画は、組織がビジネスニーズと顧客の需要を満たすために必要な人員配置サポートを決定するプロセスです。この計画に影響を与えるさまざまな考慮事項があります。これには、差し迫った退職や移行、特定のスキルセットを持つ従業員の可用性、既存の従業員のトレーニングが必要になる可能性のある環境の変化などが含まれます。

必要

社内外の環境変化のため、人事計画は重要かつ継続的です。内部的には、企業は売上高と退職の影響を受けます。外部的には、テクノロジーの変化、経済の変化、業界の変化、および現在社内に存在しないスキルを必要とする可能性のある消費者の需要の影響を受けます。これらの影響はすべて、ビジネスの成功を維持するために必要な従業員の種類と数に影響を及ぼします。

計画のフェーズ

人的資源のニーズの計画には、大きく4つのフェーズがあります。まず、ビジネスの将来の計画に基づいて予想される需要に関する情報を収集および分析し、これらの需要を満たすために、社内外のスタッフの供給と可用性を分析します。第二に、企業は特定の人事目標を特定する必要があります。これには、候補者を社内から昇進させるか社外に採用するか、仕事を外部委託するか、スタッフの従業員が行うか、会社が過剰な能力のためにスタッフを好むかどうかに関する決定が含まれます。または、人員配置に合理化されたアプローチを取ります。計画の第3フェーズでは、会社の目的に沿ったプログラムを設計および実装します。これらのプログラムには、従業員のニーズを満たし、スタッフを維持する能力に影響を与える福利厚生プログラムが含まれます。また、スタッフが現在および将来の需要を満たす準備ができていることを確認するためのトレーニングプログラムもあります。最後に、計画の第4フェーズでは、人事計画の有効性を監視および評価し、必要に応じて変更を加えます。

需要予測

人事計画の重要でありながら挑戦的な要素は、特定の種類のスキルとポジションの需要を予測することです。たとえば、21世紀初頭、インターネットとソーシャルメディアのスキルに対する需要が高まっていました。ヘルスケア業界では、看護は長い間需要の高い分野でした。業界はそれぞれ異なり、それぞれがさまざまな要因の影響を受けます。業界、規制、政府、および経済の変化を常に把握することで、企業は従業員の需要を予測し、人事計画を立てる上で成功を収めることができます。

後継者育成

後継者育成計画とは、会社のリーダーと人事担当者が社内の重要なポジションを特定し、それらのポジションを社内または社外のスタッフで埋める計画を​​立てるプロセスです。後継者育成は、リーダーシップの育成と密接に関連しています。リーダーシップの育成とは、社内スタッフが空席になる可能性のあるポジションに足を踏み入れる準備をするためのトレーニングと実地体験を提供するプロセスです。後継者育成は人事企画の重要な要素です。

未来

20世紀後半から21世紀初頭にかけて、将来の仕事の性質の変化を示唆する多くの変化が見られました。これには、派遣労働者(特定のタスクを実行するために必要に応じて雇用されているが、会社に雇用されていない人々)の使用の増加、仮想労働者(会社で働いているかどうかはわからないが、物理的に会社の敷地内に配置されていない)、特定のタイプの従業員のニーズに対するテクノロジーの影響の増大。これにより、一部の領域ではニーズが高まり、他の領域ではニーズが低下します。