インディアナでDBAを登録する方法

想定商号としても知られる事業を行うことにより、個人事業主およびパートナーシップは、個人の正式名称を使用せずに事業を行うことができます。インディアナ州の企業、合資会社、および有限責任会社は、ビジネス目的で仮称を使用する場合があります。これは、会社が会社の設立文書に記載されている名前以外の商号で商品やサービスを販売する可能性があることを意味します。インディアナ州で想定される商号を提出する方法は、事業の構造によって異なります。

1

事業の拠点となる郡の郡記録係に電話してください。想定される商号の申請を依頼してください。郡内の他の企業に同様の名前が登録されていないことを確認するために、郡の記録係の事務所で名前の可用性チェックを実施します。名前の可用性を確認する方法は、郡によって異なる場合があります。

2

想定される商号の申請を完了します。事業の名前と住所、および会社が設立された日付を提供します。事業主の名前と住所、および提案された想定事業名を記載してください。想定される商号が発効する日付を含めてください。

3

会社が事業を行っているインディアナ郡レコーダーの事務所に、想定される商号の申請書を提出してください。想定される商号申請書の提出の料金と方法は、郡によって異なります。

4

インディアナ州務長官のウェブサイトから、フォーム30353としても知られる商号の証明書を印刷します。この手順は、インディアナ州の個人事業主およびパートナーシップには適用されません。設立または設立の日付、事業体の名前、提案された想定される商号、会社の場所、および許可された個人の署名を提供します。

5

インディアナ州務長官に商号の証明書を提出してください。インディアナ州務長官のウェブサイトを使用してフォームを電子的に送信するか、フォーム30353を次の宛先に郵送してください。

チャールズ・P・ホワイト

法人課国務長官

302 W.ワシントンストリート、ルームE018

インディアナポリス、インディアナ46204。

企業、LLC、および合資会社がインディアナ州務長官に引き受けた商号の証明書を提出するための発行時点で、30ドルを支払います。公開時点で、インディアナ州の非営利法人が想定される商号の証明書を提出するのに26ドルかかります。