さまざまなアンチエイリアシングオプションはどういう意味ですか?

アンチエイリアシングは、コンピュータのビデオカードの能力を利用して、PCの画面上の曲線や対角線のギザギザのエッジを減らします。コンピュータゲームの外観を滑らかにするために最もよく使用されますが、アンチエイリアシングは、グラフィックデザイン、3Dモデリング、およびその他の作業でも役割を果たします。Windowsは、アンチエイリアシングを使用して、画面上のテキストの読みやすさを向上させます。すべてのタイプのアンチエイリアシングには同様の効果がありますが、それぞれがわずかに異なる方法で機能し、さまざまな利点を提供します。使用するプログラムまたはビデオカードのドライバ設定で、アンチエイリアシングの種類と強度を変更できます。

グラフィックアンチエイリアシング

標準のアンチエイリアシングには、主に3つのタイプがあります。最も古いフルシーンのアンチエイリアシングは、隣接するピクセルの色を平均して、ギザギザのエッジを減らします。マルチサンプリングアンチエイリアシングは、ピクセルのグループを確認することでFSAAを改善し、画像の品質をわずかに低下させますが、プロセスに必要な電力を削減しました。最新のビデオカードでは、カバレッジサンプリングアンチエイリアシング(Nvidiaカードの場合)またはカスタムフィルターアンチエイリアシング(AMDビデオカードの場合)により、ビデオプロセッサの負担がさらに軽減され、品質がわずかに低下します。乗数の後に「Q」が付いたCSAAまたはCFAA設定は、色のスポットをより多くサンプリングし、失われた品質の一部を回復しますが、より多くの処理能力を使用します。

高速近似アンチエイリアシング

FXAAを使用すると、プログラム自体に定期的なアンチエイリアシングサポートがない場合でも、ほぼすべてのプログラムにアンチエイリアシングフィルターを適用できます。FXAAは、MSAAの同等の乗数設定よりも必要な電力が少ないため、性能の低いビデオカードの代替オプションになります。ハイエンドカードを使用すると、従来のアンチエイリアシング方法とFXAAの両方を組み合わせて、可能な限り強力なアンチエイリアシングフィルターを使用できます。一部のプログラムはFXAAをネイティブにサポートしていますが、ほとんどの場合、ビデオカードのドライバー設定でFXAAを有効にする必要があります。FXAAを使用すると、テキストがぼやけて見える可能性があるため、テキストを多用するプログラムでは使用しないでください。

アンチエイリアシング乗数

すべてのタイプのアンチエイリアシングにはさまざまな強度があり、「2x」や「4x」などの数値乗数で示されます。アンチエイリアシングの1つのタイプ内で、乗数が高いほど、より効果的なアンチエイリアシング効果が得られますが、より多くの処理リソースが必要になります。乗数には、アンチエイリアシングのタイプ間の客観的な尺度がありません。たとえば、4x MSAAは、4xCSAAまたは4xFXAAとは外観が異なり、使用する電力量も異なります。

ClearType

グラフィックアンチエイリアシングとは別に、Windows自体はアンチエイリアシングを使用して、コンピューター画面上のテキストの外観を改善できます。ClearTypeは、モニターのピクセル全体ではなくサブピクセルを操作することにより、テキストの解像度を向上させます。ClearTypeには詳細なオプションや設定はありませんが、[表示]コントロールパネルの[ClearTypeテキストの調整]をクリックしてオンまたはオフにすることができます。ClearTypeは、アイコン、フォルダ、および多くのオフィススイートを含む互換性のあるプログラムのテキストに影響します。

警告

アンチエイリアシングはグラフィックの知覚品質を向上させますが、平均化とぼかしによって向上します。これは、表示される画像が実際の画像ファイルと正確に一致しないことを意味し、写真の編集や製図などの一部の種類の作業で不正確になる可能性があります。