分散型マーケティングの定義

マーケティング活動は、あらゆるビジネスの存続に不可欠です。マーケティング部門は、適切な消費者が彼らのニーズを満たすためにビジネスが利用できる製品を確実に知る責任があります。マーケティング部門は、集中型または分散型の部門として機能する傾向があります。2つの違いは、分散型マーケティングを最適に定義する方法を明確に示しています。

地方分権化

マーケティング部門が分散している組織では、部門の運営は、部門自体の個々の構成部門のそれぞれによって決定されます。言い換えれば、広報スペシャリストは、ウェブサイトや電子商取引部門から独立して決定を下します。部門内の各部門には、特定の業務を実行するための大きな自律性があります。ただし、これは必ずしも、そのアクションがマーケティングおよび運用マネージャーの承認を必要とする可能性があるため、単に好きなように実行できることを意味するわけではありません。

一元化

一元化されたマーケティング部門は、主に、個々の部門を監督し、それぞれの行動が部門全体の目標をサポートすることを保証する単一の経営幹部チームの管理と指示の下にあります。これは主に、各部門が独自の決定に対して持つ管理のレベルが異なります。一元化されたマーケティング部門では、マーケティング活動をサポートするために使用される技術運用とデータベースの管理は、部門全体の管理者の手に委ねられています。

利点

マーケティング部門は通常、集中型と分散型の運用が混在しています。分散化は、特に集中管理がほとんどない部門で、自由な思考と創造的なソリューションの使用を促進します。より集中化された部門では、これらはまだ存在する可能性がありますが、部門の運用を主導することを担当するチームまたは個人の管理の対象となります。分散型部門では、マネージャーは細かく管理する必要はありません。代わりに、日常業務の細部ではなく、より重要な管理タスクに集中できます。このモデルでは、下位レベルのマネージャーは、すべての決定において上位レベルの管理者の管理下に置かれるのではなく、より重要な経験を獲得し、彼らの才​​能を披露する機会があります。

短所

分散型マーケティング部門にはいくつかの欠点もあります。部門間の調整の欠如は、混乱を引き起こし、意図した顧客に矛盾するメッセージを送信する可能性があります。このモデルに内在する創造的思考も、その利点が限られていることがわかるかもしれません。部門間での共有の欠如は、部門全体ではなく、1つの部門内でのみイノベーションの実装につながる可能性があります。さらに、一部の組織では、下位レベルのマネージャーのビジョンと決定を大企業の戦略全体に統合することが難しい場合があります。これらのマネージャーが上位レベルの制御や指示から独立して行動する傾向がある場合です。