事務機器税控除

税額控除を受けるために新しい機器を購入しても、必ずしもお金を節約できるとは限りません。多くの場合、事業を運営するには、成長を促進し、機会を拡大し、効率を高めるために機器を購入する必要があります。購入は明らかに現金に影響を与えますが、購入は必ずしも同等の控除と同じではありません。したがって、購入の税務上の影響を理解することは、税負担を軽減し、キャッシュポジションを最大化するのに役立つ可能性があります。

事実

ほとんどの企業は、運営するために何らかの機器の使用を必要とします。さまざまな種類のビジネスで一般的に使用される機器には、コンピューター、サーバー、プリンター、コピー機、レジ、電話システム、および車両が含まれます。企業はまた、工具、製造装置、重機などの特殊な装置を必要とする場合があります。税務上、事業の運営に使用される他の機器とともに、このすべての機器を差し引くことができます。それらの鍵は、各タイプの機器を差し引く方法を決定することです。

経費

中小企業は、耐用年数が1年未満の機器に費用をかけることができます。一般的な例としては、1年以上続くとは考えられていない電子機器や、シャベルや熊手などの手工具があります。事業主は通常、このような機器を所得税申告書の「小さな工具および機器」として控除します。購入した機器が費用であるか資本資産であるかを判断するには、中小企業は会社の方針を参照して耐用年数を判断する必要があります。中小企業は、耐用年数が1年を超える設備を資本資産として分類する必要があります。

資産

資本資産は、耐用年数が1年を超える中小企業が購入した設備です。企業は、これらの項目を耐用年数による損益に費やすのではなく、貸借対照表に設備として記録する必要があります。内国歳入庁(IRS)は、資産を耐用年数に応じて3年、5年、7年、10年、15年、20年、25年、27。5年、39年に分類しています。プロパティ。

減価償却

事業主は、減価償却費を通じて貸借対照表に記録された資本資産を控除します。企業は、資産セクションで前述した該当する耐用年数にわたって費用を負担します。たとえば、コンピュータの耐用年数は5年です。企業がコンピューターを使用する5年間のそれぞれで、減価償却基準の一部を費用として使用します。

セクション179

IRSにより、事業主は購入年度に機器の減価償却費全体を支出することができます。企業は、セクション179を使用する前に課税所得を持っている必要があります。課税所得をゼロ未満に減らすことはできず、IRSが決定した最大額(現在は250,000ドル)に制限されています。設備のセクション179の控除を受けると、将来、特定の資産に減価償却を使用する機会がなくなります。大きな成長期間が見込まれる企業は、セクション179の使用を選択する前に、地元の登録エージェントに相談する必要があります。登録エージェントは、財務省から認可を受けた税務専門家です。