非営利ボランティアのためのマイレージ払い戻しポリシー

大小を問わず、多くの非営利団体は、提供するサービスの管理や運用のサポートを支援するために、数人から数千人のボランティアに依存しています。ボランティアは無給で、時間と労力を自由に与えています。ほとんどの非営利団体はボランティアを移動させるための輸送車両を持っていないため、ボランティアは多くの場合、自分の車両を使用する必要があります。一部の非営利団体は、IRSレート以上でボランティアに払い戻しを行います。他の人は全く払い戻しをしません。

IRSマイレージレート

内国歳入庁は、慈善団体が償還目的で使用するための標準的なマイレージレートを公開しています。このレートは、非営利のボランティアが、車の運転に関連する慈善活動に対して払い戻しが行われない場合に、個人税を控除として請求するためにも使用されます。2013年の非営利ボランティアのIRSレートは1マイルあたり14セントです。ビジネス目的のマイレージレートは、ガスと自動車の修理の費用で毎年更新されますが、慈善レートは何年も変わっていません。

マイレージの払い戻し

慈善団体は、IRSの料金よりも高い料金でボランティアに払い戻しを行うという方針を持っている場合があります。たとえば、慈善団体は1マイルあたり0.25ドルでボランティアに払い戻しを行う場合があります。ただし、慈善団体がこれを行う場合、ボランティアは個人の確定申告で収入として料金の差を報告する必要があります。

償還

慈善団体がボランティアにマイレージを払い戻す場合、通常、ボランティアはマイレージチャートに記入し、署名して提出する必要があります。ボランティアは、車の走行距離計に開始マイレージ、開始目的地、終了マイレージ、および終了目的地にログインする必要があります。IRSは監査目的でこのようなログを要求するため、これらのログを作成しない慈善団体は、監査で問題が発生するリスクを償還する必要があります。

償還なし

多くの小規模な慈善団体は、マイレージを払い戻さないか、特定のマイル数を運転したボランティアにのみ払い戻しを行います。他の人は、かなりのマイレージが含まれる場合、ケースバイケースで厳密に払い戻すことができます。マイレージを払い戻さない有用な慈善団体は、ボランティアがマイレージのログを保持し、税金を申告するときに控除可能な慈善費用として合計を含めることを奨励しています。この控除は、項目別のボランティアのみが利用できます。

懸念

一部の非営利団体は、2012年にビジネス用に運転された車両の1マイルあたりに許可された0.565ドルの料金と、慈善運転に許可された0.14ドルの差が大きすぎることを懸念しています。 IRS率は、農村部を運転したり、帰国した人々に食事や薬を届けたりするときに発生する、走行距離の長いガスにボランティアが費やすかなりの金額をカバーしていません。