組立ラインとバッチプロセス

バッチ処理、またはバッチ生産は、組立ライン生産の縮小版です。製品は、組立ラインのように連続ストリームではなく、グループで生産されます。ただし、企業はバッチ実行の合間に生産ラインを停止する必要があるため、バッチ生産も遅延を引き起こします。これらの遅延は、タイムリーに顧客に製品を届けるのを妨げる場合、問題になる可能性があります。バッチ製造と連続製造のこれらの長所と短所を自分のビジネスに適用して、状況に最適なものを決定します。

組立ライン:長所

組立ラインまたは生産ラインにより、製造業者は大量のアイテムを迅速かつ効率的に生産できます。ウィラメット大学によると、各労働者または機械は、製品が完成するまで生産ラインを下るときに、製品の一部を構築するための特定のタスクを実行します。組立ラインの生産は、規模の経済に有利に働くことがよくあります。これは、生産の増加による製品の平均製造コストの削減を意味します。たとえば、製造業者は、大量生産のためにそれらの材料を大量に購入すると、製品の製造に必要な材料の割引を受ける場合があります。

組立ライン:短所

組立ラインの生産における無駄と経済的損失を管理することは難しい場合があります。大規模な生産ラインには、多くの場合、製造業者が高出力で使用するのに経済的である高価な組立機が含まれています。ただし、大量生産を行うと、製造ミスによって製造業者が販売できない欠陥製品が発生する可能性が高くなります。大きな生産量はまた、消費者の需要の低下のために販売できない多数の製品で製造業者を立ち往生させる可能性があります。

バッチプロセス:長所

Lumen Learningによると、製造におけるバッチ処理は、連続生産ラインを実行するのに十分な資本がない中小企業に役立つ可能性があります。また、企業が大量の無駄を回避するのにも役立ちます。バッチ製造の例として、パン屋の所有者は3,000個のケーキを注文し、それぞれ1,000個の別々のバッチで作ることができます。製造上の問題で1つのバッチが台無しになっても、所有者はすべてのケーキを失うことはありません。

バッチ生産は、季節的な生産需要に応じて製造を開始および停止できるため、季節的なアイテムにも役立ちます。小売業者は、最終的に売れ行きが悪い新製品を店舗に在庫することに同意することがあるため、将来の注文をキャンセルします。このような場合、バッチ処理により、メーカーは販売されない可能性のある新製品に多額の投資を行うことができなくなります。

バッチプロセス:短所

プロセスに関連するダウンタイムのため、製品をバッチで生産することは非効率的です。製造業者は通常、マシンをシャットダウンし、製造する新しいバッチごとにマシンを再構成する必要があります。また、製造中の製品の出力が目標どおりであることを確認するために、再テストマシンである必要があります。生産プロセスが複雑な場合や複数のマシンが関係する場合、バッチ実行間のダウンタイムは長くなる可能性があります。