株式増価権の会計処理

企業は、従来のストックオプションプランの代わりに株式増価権を提供することがよくあります。ストックオプション制度では、従業員は特定の行使価格で会社の株式を購入する権利があります。ただし、従業員がすべてのオプションを行使するために現金を取得することは困難な場合があり、通常、株式を購入するときに所得税を支払う必要があります。株式鑑賞権はこれらの問題を回避します。

株式鑑賞権の概要

従来のストックオプション制度とは対照的に、従業員は株式増価権で利益を行使するために会社の株式を購入する必要はありません。代わりに、従業員は単に行使価格と株式の市場価値との差額を受け取る権利があります。たとえば、1株に対して15ドルの株式評価権行使価格を持つ従業員は、株価が20ドルのときに権利を行使し、5ドルを獲得することができます。会社は、現金支払いの形で、または同等の株式を授与することによって従業員に支払います。

初期値

他の株式報酬制度と同様に、一般に認められている会計慣行(GAAP)では、企業は発行時の公正市場価格で株式評価権を評価する必要があります。企業は、行使価格、現在の株価、将来の配当、および株式のボラティリティを考慮した複雑な評価モデルを使用しています。企業が権利の価値を決定したら、その金額を株式評価権の権利確定期間にわたる報酬費用として認識しなければなりません。たとえば、従業員が5年以内に権利を行使できる場合、権利確定期間は5年です。

株式としての株式評価権

雇用主は、株式の形でのみ株式増価権の支払いを行うことを選択する場合があります。この場合、権利は持分法を使用して会計処理されます。権利は一度評価され、権利確定期間にわたって均等に分割され、資本で支払われる権利としてマークされます。たとえば、5年間の権利確定期間で5,000ドルの権利を発行する会社は、5年間、年に1回、1,000ドルの補償費用と1,000ドルの資本で支払われる信用権を借方に記入します。

負債としての株式評価権

雇用主が従業員に彼の権利を現金で支払うことを申し出た場合、または従業員が現金支払いを選択する権利を持っている場合、企業はその権利を責任と見なさなければなりません。対応する仕訳は、資本で支払われる権利の代わりに事業信用の権利負債を除いて、持分法に似ています。ただし、資本権とは異なり、企業は評価モデルを使用して残りの株式評価権を毎年再評価し、その金額を負債として記録する必要があります。