インターネットはどのように職場を形作っていますか?

Internet World Statsの統計によると、米国の人口の4分の3以上がインターネットを使用しています。ユーザーは、電子メールの送受信、ニュースの閲覧、銀行業務の実施、一般情報の調査など、さまざまな活動をオンラインで行っています。企業はインターネットを使用して職場のコミュニケーションを管理し、効率的な作業環境を維持しています。オンラインで共有できる情報の性質上、仕事でのインターネットの使用は職場を形作っています。

歴史

インターネットが登場する前は、従業員はコンピューターで実行できるアクティビティの種類が制限されていました。インターネットにアクセスできるハンドヘルドデバイスは本質的に存在しませんでした。以前は、コンピューターは電子ファイリングなどの管理機能を実行するために使用されていました。今日、パーソナルメディアデバイス、スマートフォン、およびその他のインターネット対応機器により、労働者はどこからでもワールドワイドウェブにアクセスできます。これは、使用が雇用主によって規制されていない場合、職場の機能を混乱させる可能性がある機能です。

職場の方針

インターネットの性質により、雇用主は職場でのインターネットの使用を規制するポリシーを開発および実装するようになりました。電子メディアポリシーは、労働者が勤務時間中または職場から離れて会社のコンピュータ機器を使用するときに遵守しなければならない行動規範を確立します。これらのポリシーは、どのWebサイトが仕事に適しているか、および従業員が会社の時間にアクセスすることを禁止されているWebサイトの種類を決定します。ポリシーには、従業員が個人の電子メールをチェックしたり、職場のソーシャルネットワーキングサイトにアクセスしたりできる場合も含まれます。

職場のコミュニケーション

インターネットの使用により、従業員が職場でコミュニケーションをとる方法が変わりました。歴史的に、労働者は電話、オフィス間メール、対面訪問を通じてコミュニケーションを取りました。インターネットは、労働者が電子的に通信できるようにすることで、労働者が情報を交換する方法を合理化しました。電子メール、インスタントメッセージング、ビデオ会議などの電子通信により、時間とスペースの障壁がなくなります。上司とマネージャーはリモートで作業しながら、従業員とのコミュニケーションを維持できます。企業は、インターネットサービスを使用して、会議を実施したり、さまざまなオフィスから情報を転送したりできます。

雇用者の責任

インターネットは、職場での嫌がらせや差別に対する雇用者の責任だけでなく、雇用法の範囲にも影響を及ぼしています。嫌がらせ、暴力、差別は、組織の物理的な場所を超えて、労働者の個人的な時間中にインターネット上で交換される情報にまで及ぶ可能性があります。たとえば、ソーシャルネットワーキングウェブサイトで他の従業員の障害について不適切な発言をするなどの嫌がらせ行為に参加する同僚は、職場での嫌がらせの罪を犯す可能性があります。被害者がその行動について不満を述べた場合、雇用主はインターネットを介して従業員が行った不適切な活動を是正する責任があります。