OSHA照明基準

連邦政府の労働安全衛生局は、職場の安全を確保する責任があります。OSHAは、職場の照明に関するガイドラインを確立しており、敷地内で従う必要があります。これらのガイドラインがカバーするいくつかの特定の領域には、作業領域に必要な最小量の照明、配線基準、照明コンセントと制御装置の安全性、照明器具からの最小クリアランス、人工照明の安全性、および非常灯が含まれます。

職場の照明要件

OSHA標準1926.56は、さまざまな作業環境に対して、フートキャンドルの最小照明要件(1フィートの距離からキャンドルによって生成される照明の量および略してftc)を確立しました。

一般的な建設エリアの照明、倉庫、廊下、廊下、出口は少なくとも5フィートでなければなりません。一般的な建設エリア、コンクリートの配置、避難および廃棄物エリア、アクティブな保管エリア、荷台、給油、およびフィールドメンテナンスエリアは、最低3フィートまで照明する必要があります。屋内バスルームや食堂を含む一般的な建設工場やショップは、10フィートまで点灯する必要があります。応急処置ステーション、診療所、およびオフィスは30フィートまで点灯する必要があります。

照明コンセントとスイッチの配置

照明コンセントとスイッチの配置は、OSHA規格1926.403(j)(3)(ii)に準拠しています。この規格では、従業員が電球を交換したり修理したりしても、他の可動機械や充電部による怪我から安全になるようにコンセントを配置する必要があります。さらに、電灯のスイッチは、移動する機械やその他の潜在的な危険から十分に離れている必要があります。

電気設備の要件

標準1910は、すべての電気配線の設置を管理し、照明に適用されます。接地、ワイヤサイズ、設置場所および手順の最低基準を示しています。標準1910.305は、建物の改造、保守、修理のために、600ボルトを超えない一時的な照明を提供します。また、一時的なクリスマスイルミネーションやカーニバルも提供します。このような照明は90日を超えることはできません。

OSHA規格1910.304(c)(5)は、屋外で使用される照明は、適切なクリアランスと安全装置が提供されていない限り、すべての活電変圧器、導体、およびその他の電気機器の下に配置する必要があると述べています。

人工光の安全性

OSHAは、目の疲れや頭痛を引き起こす可能性のあるグレアや過度の照明を減らすために、人間工学的にワークスペースを配置することを推奨しています。OSHAは、グレアと直接光を制限するために、コンピューター画面で光拡散器を使用する必要があると述べています。デスクは、シーリングライトが労働者の視線と平行になるように配置する必要があります。ブラインドとドレープは、光のレベルを下げるために窓に使用する必要があります。

非常灯と出口ルートの照明

OSHAは、従業員が出口を見ることができるように、すべての非常口ルートを照らさなければならないことを要求しています。この照明は、停電が発生した場合でも機能する必要があります。各出口には、「出口」を示す標識も付ける必要があります。この標識は、常に少なくとも5フィートの照明で照らされている必要があります。標識の文字が自己照明である場合、表面照明は最低.06フィートランバートでなければなりません。