MacにWindowsをダウンロードする方法

Macコンピュータは別のオペレーティングシステムで実行されるため、インストールのためにWindowsを会社のMacに直接ダウンロードする方法はありません。Microsoftの小売店から物理メディアを購入し、その方法を使用してインストールする必要があります。ただし、これはWindowsを実行できないことを意味するものではありません。AppleのBoot Campでは、MacのハードドライブのパーティションにWindowsをインストールできます。

インストールの準備

1

Macが最新のソフトウェアで最新であることを確認してください。アップルメニューと「ソフトウェアアップデート」をクリックし、表示されているシステムソフトウェアアップデートをインストールします。いずれかのアップデートで再起動が必要な場合は、ソフトウェアアップデートを再度実行して、それ以上のアップデートがないことを確認することをお勧めします。ソフトウェアアップデートアプリケーションを終了します。

2

外付けハードドライブまたはUSBドライブをMacに接続します。これは、Windows8のインストール後に追加する必要のあるサポートファイルとドライバーに必要です。

3

[Finder]、[アプリケーション]、[ユーティリティ]の順にクリックし、[BootCampアシスタント]をダブルクリックします。Boot Campアシスタントがロードされたら、ポップアップウィンドウの下部にある[続行]をクリックします。

4

次の画面で両方の項目をチェックしたままにします。1つ目は特定のMacに必要なサポートファイルとドライバーをダウンロードし、2つ目はWindows8のインストールを支援します。[続行]をクリックします。

5

プロンプトに従って、サポートファイルとドライバーを外部ドライブにダウンロードします。Boot Camp Assistantは、Windows用にドライブをパーティション分割するためのプロンプトを表示します。Windows 8には、少なくとも30GBのサイズのパーティションが必要ですが、必要に応じてより多くのスペースを自由に使用できます。

6

求められたら、Windows 8 System BuilderDVDを挿入します。Boot Campはパーティションを作成し、コンピューターの再起動後にWindowsインストーラーを起動します。

Windowsのインストール

1

「Windowsをどこにインストールしますか?」というダイアログが表示されるまで、画面の指示に従います。ここで「BOOTCAMP」というラベルの付いたパーティションを選択し、「ドライブオプション(詳細)」をクリックします。

2

表示されるオプションから「フォーマット」を選択し、「OK」をクリックします。フォーマットが完了したら、「次へ」をクリックします。

3

Windows8のインストールを許可します。求められたらWindows8 System Builder DVDを取り出し、Windowsの再起動を許可します。ただし、サポートファイルとドライバファイルを使用して外付けドライブを取り外したり、取り外したりしないでください。

4

外付けドライブがそれ自体でロードできるようにします。ほとんどの場合、再起動が発生した後に発生します。そうでない場合は、外付けドライブでファイル「setup.exe」を見つけてダブルクリックします。画面の指示に従って、インストールプロセスを続行します。

5

ドライバーがWindowsロゴテストに合格していないという警告は無視してください。このダイアログが表示されたら、[続行]をクリックします。インストールプロセス中は、いつでも「キャンセル」を押さないでください。すべてのドライバがインストールされたら、[完了]をクリックします。

6

Macからコンピュータを再起動してインストールを完了するように求められたら、[はい]をクリックします。再起動プロセス中に、「Option」キーを押したままにして、OS選択ダイアログを表示します。「Windows」を選択してWindowsを起動します。