新しいマネージャーのための重要な組織行動の概念

組織行動とは、人々が組織や職場でどのように行動するか、そして何が彼らにそのように行動する動機を与えるかについての研究です。従業員の採用、トレーニング、育成の重要性を考えると、新しいマネージャーは組織行動の重要な側面を理解する必要があります。従業員のやる気を引き出すことは、ビジネスの成功を最適化するのに役立ちます。

関係構築

マネージャーとしてのあなたの役割は、周りの人々を上司にしたり、権力を行使したりすることではありません。代わりに、マネージャーは、各従業員と1対1の関係を築き、ワークユニット内の従業員も信頼関係を築く環境を作る責任があります。この関係の強調により、監督者は、コーチングを支援し、建設的なフィードバックを提供し、労働者が新たな高みに到達するように挑戦する従業員とのつながりを築くことができます。

目標設定のメリット

従業員を高レベルの業績に動機付けることは、新しいマネージャーの組織行動の重要な要素です。マネージャーと正社員の間の描写の重要なポイントは、従業員の生産を増やす上でのリーダーの役割です。目標は、従業員が作業活動を実行する際に狙う目標を提供します。労働者と協力して目標を設定し、進捗状況を監視し、成果に報い、欠陥に対処することはすべて、高レベルのパフォーマンスの構築と維持に貢献します。

多様な労働力の管理

多様性は、組織行動の分野で重要なテーマになっています。典型的な職場が民族、人種、年齢、性別などの分野で多様化するにつれて、多様性を管理するマネージャーの義務が増大します。多様性のために採用することは、プロジェクトやタスクに関するさまざまな背景や視点を持つワークユニットを作成するのに役立ちます。マネージャーとして、あなたは寛容、違いの受容、そしてオープンなコミュニケーションの文化を育てなければなりません。これらの文化的価値観がなければ、多様性は個人的な対立、緊張、そして潜在的に差別の申し立てにつながる可能性があります。

管理スタイル

あなたの管理スタイルはあなたの労働者の行動に影響を与えます。従来のマネージャーは、従業員のタスクのパフォーマンスを綿密に管理、監視し、日常的な活動を指示することがよくありました。現代のマネージャーは、多くの場合、従業員の意見を尊重し、従業員を組織の重要な資産として扱い、雇用および育成する才能に依存するコーチングスタイルのアプローチを採用しています。適切な人材を採用し、前向きな文化を作り、労働者を育成すれば、パフォーマンスの高い職場を開発できる可能性が高くなります。