ビジネスにおける長期計画の目標

事業計画には、短期、中期、および長期の目標を設定し、それらを達成するために必要な一連のアクションをスケジュールすることが含まれます。長期的な事業計画には、会社のビジョンとミッションを前進させるために必要なミッションステートメント、ビジョンステートメント、および継続的なビジネス目標と戦略の開発が含まれます。生産性、顧客サービス、品質などの重要な問題に焦点を当てることにより、ビジネスの目標と目的は、方向性、目的、および緊急性の感覚を提供します。また、組織チームが目標の結果を達成するために必要なパフォーマンスを提供するように動機付けます。

ヒント

長期的な事業計画には、会社のビジョンとミッションを前進させるために必要なミッションステートメント、ビジョンステートメント、および継続的なビジネス目標と戦略の開発が含まれます。

ミッションとビジョンステートメント

長期的なビジネス目標により、ビジネスチームと個人は会社の使命とビジョンを前進させる責任があります。ミッションステートメントは、組織の存在の目的を明確に示しています。たとえば、自転車メーカーの使命は、高品質の自転車を手頃な価格で提供することかもしれません。

ビジョンステートメントはより具体的であり、企業が目指している変化を表しています。一例として、自転車メーカーのビジョンステートメントは、「2020年までに最も売れている自転車メーカーになる」ことかもしれません。ミッションとビジョンステートメントに基づいて、トップダウンのビジネス目標は、長期的なビジネス目標の形で上級管理職によって開発されます。

予測

長期的な事業計画には、過去の売上高やその他の営業データの評価に基づいて長期的な目標を立てることが含まれます。事業計画で予測手法を使用すると、リーダーは長期的な目標の策定に使用できる情報に基づいた予測を行うことができます。

会社の業績に関する関連する内部データ、および業界に関する外部データを使用して、SMARTである戦略的な長期目標を確立することができます。具体的、測定可能、達成可能、関連性、およびタイムリーな目標の頭字語です。

未来を管理する

会社の将来を管理することは、長期的なビジネス目標を設定することの中心にあります。Kerry Napukの著書「TheStrategy-LedBusiness」によると、これは特に戦略的事業計画に当てはまります。これは、「将来を導くフレームワークとプロセスを含むビジネス全体の全体的な概念」です。

長期計画には、会社の現在の市場での位置付けを評価し、会社を将来どこに連れて行くかについての目標を設定し、会社を現在の場所からリーダーが将来望んでいる場所に移動するための戦術を確立することが含まれます。

方向性と動機

長期的な事業計画は、ビジネスリーダーが会社の方向性について異なる考え方をするのに役立ちます。また、ビジネス目標を達成するために必要なパフォーマンスのタイプに対する動機付けと洞察も提供します。これは、競争上の優位性を維持するために大幅な内部変更が必要な場合に特に重要です。

たとえば、長期的な目標は、特定の製品の収益を5年間で20%増加させることです。この長期的な目標は、経営陣に測定可能な方向性を与え、業績の進捗を測定するための目標を従業員に提供します。