リニアアンプでSWRを確認する方法

セルラー通信の台頭にもかかわらず、無線ネットワークは、特にトラック輸送会社やセキュリティ会社などの中小企業にとって、ビジネス通信の重要な部分であり続けています。アンテナの適切な選択、設置、配置は、無線送信機の適切な動作にとって非常に重要です。特に、線形増幅器を使用して無線信号をブーストする場合は重要です。SWR(定在波比)を決定すると、アンテナが適切に配置されているかどうかが確認されます。SWRが高すぎると、実際にアンプや送信機が損傷する可能性があります。無線機器を使用する前に、増幅器に関連するアンテナ設置のSWRを決定する必要があります。

1

送信機と線形増幅器の電源を切り、アンテナを線形送信機から外します。SWRメーターのスイッチをFWDに設定します。

2

アンプのアンテナジャックからSWRメーターのアンプまたはトランスミッタージャックにジャンパーケーブルを接続します。

3

アンテナケーブルをSWRメーターのアンテナジャックに接続します。

4

送信機の電源を入れてから、アンプをAMモードに切り替えます。送信機の電源を入れたときに自動的にオンになるように設定されていない場合は、アンプをオンにします。

5

SWRメーターをチェックして、2.0未満であることを確認します。2.0以上の場合は、アンテナの位置を変えるか、アンテナケーブルをトリミングして、アンテナと増幅器の間の距離を短くします。アンテナマストをトリミングするか、再配置を繰り返しても2.0未満で読み取れない場合は、アンテナを交換します。